プロ野球開幕!野球に興味ない女子も必見のイケメン若手3選手

写真拡大

先日、プロ野球が開幕しましたが、野球に興味がない女性にとってはどうでもイイ話。

でも、注目のイケメン若手プロ野球選手となると話は別ではないでしょうか?

向井理似のルックスと評判の新人内野手。

産経新聞が選んだ昨季のイケメン新人王。

楽天・星野監督から女性警戒指令が出たイケメンルーキー。

どれもこれも気になりませんか?

まずは内容を読んでみて、気になる選手がいたらググっちゃってください!

あなたはどの選手がタイプ? 注目のイケメン3選手

イケメンのスポーツ選手とあれば、一度はどんなものか見てみたいと思うのが女子。

今シーズン注目のイケメン若手選手をご紹介します。

●その1:西武ライオンズのイケメン新人は向井理似?

イケメン選手が多いことで知られる西武ライオンズに、昨年のドラフト3位で入団した金子侑司内野手。
すでにダンボール2箱分のファンレターが届くなど、女性ファンからの注目度も高いようです。
“金子侑司”でネット検索すると、関連キーワードには“向井理”の名が……。
似ているかどうかはさておき、整った顔立ちのスッキリしたイケメンであることは間違いありません。
身長は1m78cm、体重は70kgのソフトマッチョボディ。
「ファンレターにはできる限り返信したい」と、ファンを大切にする姿勢も人気の一因です。
画像検索して気に入っちゃった方、金子選手が暮らす『若獅子寮』あてにファンレターを送ってみるのもアリかもしれませんよ。

実は、ファンレターをキッカケにプロ野球選手とファンが結婚したケースも……。
現在、楽天で活躍する金刃投手は、スランプに陥った新人時代、寮に届いた1通のファンレターに救われたそうです。その送り主が今の奥さん。
「一言お礼を」と電話したのをキッカケに、メールでの交流が始まり、その後、交際、結婚に至ったのだそうです。
プロ野球選手と結婚できるのは、女子アナか妄想の世界でのみ! と思っていた女性にとっては、ちょっと夢が膨らむ話ですね。

●その2:産経新聞が選んだ昨年のイケメン新人王

産経新聞の記者が主観で選んだ昨年のイケメン新人王、オリックスの海田智行投手。
チーム関係者も「イケメン」と太鼓判を押すほど。身長179cm、体重80kgのガッチリ系爽やかイケメンです。
成績がともなえば、球団の“顔”になることは間違いないと同記者も評価。
好きな食べ物は、広島出身ということで『お好み焼き』、好きな女性のタイプは“リス顔”の女性だそうです。

同性から見ても「イケメン」といえる海田選手。
チームメイトからは「イケメンで、一見チャラそうだけどチャラくない」という声も。
大学野球、社会人野球を経験し、昨年プロ入りと、地道に野球一筋で頑張ってきたストイックさがにじみ出ているカッコイイ選手です。

●その3:楽天・星野監督から女性警戒指令が出たイケメンルーキー

昨年のドラフト1位で楽天に入団した森雄大投手。
星野監督から「3年後には田中マー君を超える存在になる」とまで言わしめる逸材。
「顔がイイから心配」と、同監督が女性警戒指令を出したほどのルックスでも注目されそうです。
彫りの深い端正な顔立ちと、身長184cm、体重74kgのスレンダーボディで、楽天の人気投手になることは必至。
本人はその徴候に浮かれる様子もなく、「プレイで活躍して人気が出るのが本物」と、野球に真摯に取り組む姿勢も好感が持てます。

まだあどけなさの残る18歳が好きな食べ物は『メロンパン』。
好きな芸能人は広末涼子さんだそうです。
10代らしい印象を受けつつも、自身のセールスポイントは「気迫」と一言で表現するあたり、将来は大物になりそうな予感がします。

選手としての能力はもちろん、ルックスも大事?

西武ライオンズはドラフトで選手を獲得する際に、実力が拮抗している場合は顔がイイ方を選ぶそうです。

ファンを獲得する上で女性層の存在は重要といえるプロ野球界。

今は女性専用シートや複数人でゆったり観戦できるボックス席などを設置している球場が多数存在します。

この春は、球場にイケメン選手を観察しに行くのも楽しいかもしれませんよ!


Written by カクタク
Photo by werkunz1