天神英貴描き下ろし!BOXアートビジュアル

写真拡大

 人気SFアニメ「マクロスプラス」シリーズが初ブルーレイ化されることを記念して、「マクロス映画祭 春の陣2013」が全国5劇場にて開催されることが明らかになった。6月21日のブルーレイ発売に先駆け、5.1ch音声化された劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』が大スクリーンで18年ぶりによみがえることになる。

 「マクロスプラス」は、「マクロス」シリーズの1作として、1994年から1995年にかけてOVAで発表された作品。1995年10月には劇場版『マクロスプラス MOVIE EDITION』も公開された。CGとセル画の融合といったアニメーション表現への評価はもちろん、バーチャルアイドルの概念を先取りしたかのようなキャラクターなど、現在も多くのファンが支持する作品だ。

 今回の「マクロス映画祭」では、同劇場版のほか、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』『劇場版マクロスF〜イツワリノウタヒメ〜』『劇場版マクロスF〜サヨナラノツバサ〜』を上映。シリーズ30年の歴史を一望できるラインナップだ。新宿バルト9では同シリーズのクリエイター・河森正治のトークショーも予定されているほか、全国の上映館では特製クリアファイルの来場者特典が用意される。

 「マクロスプラス Complete Blu-ray Box」にはOVA4話、劇場版を収録。BOXアートを天神英貴が、インナージャケットを摩砂雪が描き下ろしていることに加え、解説書、原画集などの特典も充実している。(編集部・福田麗)

「マクロス映画祭 春の陣2013」は5月2日より新宿バルト9、梅田ブルク7、T・ジョイ博多、広島バルト11、T・ジョイ 新潟万代にて開催
「マクロスプラス Complete Blu-ray Box」は6月21日発売 税込み価格:1万7,850円