東京都渋谷区で、寺山修司没後30年記念展 -演劇公演ポスター約40点を展示

写真拡大

東京都渋谷区・ポスターハリスギャラリーでは5月19日まで、「寺山修司と天井棧敷◎全ポスター展」を開催している。

同展は、毎年開催され好評を得ているポスター展で、今回は寺山修司没後30年を記念しての開催となる。

また、渋谷でのパルコ劇場「レミング」、シネクイント「寺山修司◎映像詩展」関連企画となっている。

1960年代から1980年代半ばにかけて活躍した寺山修司主宰の劇団「演劇実験室◎天井棧敷」。

その公演ポスターの多くはシルクスクリーン作品で、現在美術的評価も高く、当時公演用に限られた数しか製作されていなかったため、現存する枚数はわずかという。

これらのポスターの常設施設はまだ存在しないため、同展はそれらを一望する貴重な機会となる。

今回、現存する演劇公演のポスター約40点のほか、寺山の直筆原稿・台本・公演のチラシ・パンフレット・舞台写真などの演劇関連資料も展示する。

開催日時は4月10日〜5月19日 13時〜19時。

最終日は17時まで。

月曜日休廊で、祝日の場合は翌日が休廊となる。

会場は、ポスターハリスギャラリー(東京都渋谷区道玄坂2-26-18 朝香ビル103号)。

入場料は一般:500円、学生:300円で、再入場可。

半券提示で、会期中何度でも入場可能となる。

なお、5月4日の寺山の命日は入場無料。

また、同時開催となるパルコ劇場「レミング」、シネクイント「寺山修司◎映像詩展」のチケット提示で、1回のみ無料となる。

シネクイント「寺山修司◎映像詩展」フリーパス所持者は、何度でも入場可。

その他、詳細はポスターハリスギャラリー公式ページで確認できる。