一度見たら絶対に笑えないスマイルマスクの『スマイリー』(5月25日公開)

写真拡大

『ハロウィン』(78)のブギーマン、『13日の金曜日』(80)のジェイソン、『テキサス・チェーンソー』(04)のレザーフェイスに続き、新たな恐怖のカリスマが登場すると聞きつけ、早速Movie Walkerの編集部で噂の予告編をチェックしてみた。

【写真を見る】あまりにおぞましい!お願いだから夢に出ないでと言いたくなるスマイリーの不気味な表情

全米上映時、そのショッキングな内容からホラーファンの話題を独占し、YouTubeでの予告編再生回数が2550万回を超えたという話題のホラー映画のタイトルは『スマイリー』(5月25日公開)。

インターネットのチャット上で、あるワードを3回タイプすると呼び出すことができるというおぞましい肉仮面の殺人鬼“スマイリー”。人の皮膚をつなぎ合わせたのか、その顔に鼻はなく、目は縫い付けられ、口は大きく裂けている。魂をえぐるような不気味な表情は、一度見たら忘れられない。今晩の夢に出てきそうなスマイリーのおぞましい表情を拝みたい、という方は是非とも予告編を見てもらいたい。

また、もう一本、ホラー映画ファンにお勧めしたいのが、1976年に製作された幻のスパニッシュホラー『WHO CAN KILL A CHILD?』のリメイク作品『ザ・チャイルド』(5月11日公開)だ。ある日突然、あどけない子供たちが大人たちを惨殺し始める。センセーショナルな題材と、じわじわと迫る恐怖演出やサウンドトラックによって、1977年のアボリアッツ・ファンタスティック映画祭で批評家賞を受賞したスペイン産のオカルトホラーを37年ぶりにリメイクした過激作だ。こちらも予告編が公開されたので、トラウマ度MAXのこの2本、戦慄を味わいたいホラー好きのあなたはすぐに見るしかない!【Movie Walker】