福岡県福岡市で「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」 -ロンギヌスの槍などを展示

写真拡大

福岡県福岡市・西鉄ホールでは5月24日〜6月23日、展示会「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」を開催する。

同展は、名刀の産地・備前長船の刀剣博物館と劇場版アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのコラボレーション企画。

様式を重んじる刀剣会が「ヱヴァンゲリヲン」の世界からインスピレーションを受け、伝統の技を用いて現代デザインの日本刀(ヱヴァンゲリヲンに登場する刀剣)を製作、展示する。

「ロンギヌスの槍」「プログレッシブナイフ」「カウンターソード」など、作品に登場する槍や刀剣が展示され、「ヱヴァンゲリヲン」の世界観を楽しめる。

同時に、作品からインスピレーションを受けたオリジナルの一振りなど、刀剣界がその伝統の技を注ぎ、数々の新作刀剣を製作。

日本の伝統技術、そして新しい日本刀の世界を鑑賞できるという。

また、エヴァンゲリオンのアナザーストーリーの中に登場する「ビゼンオサフネ」と「マゴロクソード」という武器を、実在した備前長船と関鍛冶(せきかじ)の孫六(まごろく)をモチーフにしたものと解し、それらを製作・展示する。

開催日時は、5月24日〜6月23日 11時〜19時(入館は18時30分まで)。

会場は、西鉄ホール(福岡県福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6F)。

24日 10時〜11時には、内覧会を行う。

入場料金は、当日/一般800円、高大学生600円、小中学生400円など。

その他、詳細は同ホール公演情報ページにて確認できる。