マイリー・サイラスの妹であるノア・サイラス (c)Hollywood News

写真拡大

女優・歌手のマイリー・サイラスの妹で、スタジオジブリの映画『崖の上のポニョ』(08)の英語版でポニョの声優を務めた13歳の女優のノアが、19歳の歌手ジャスティン・ビーバーが初恋の相手だったと告白した。

現在乗馬に夢中だというノアは、ファッション誌「Teen Vogue」に、「初めてジャスティン・ビーバーに会った時に、私はほとんど話すことができなかったの。私の頭の中はクレイジーなことになっていたわ。カナダの授賞式だったの。彼が次のセットのために(ステージ裏で)着替えて、出て行った時に、私は彼の服を盗んだわ。彼はまだ知らないわよ」と語った。

さらに「マイリーのスタイリストがそのイベントで彼の担当だったから、彼の物を持っていたのよ。だから、家に持って帰ってしまったわ! ジャスティンは私の初恋よ」と明らかにしている。

また、いつかオリンピックに出られるまでに乗馬の練習をしているというノアは、「たぶん、大きくなったら歌を歌ったり、演技をしたりするかもしれないわね。でも、今は馬に夢中なの」と話している。

ノアは有名人の妹ということで幼い頃から注目されていたが、のびのびと育っていたようである。そんなノアはほかのティーンの子と同じようにジャスティンに恋心を抱いていたようだ。きっと彼女の中ではいつまでもジャスティンは大きな存在なのだろう。【馬場 かんな】