モスバーガー、旬野菜の栄養・おいしさにこだわった野菜サラダを新発売

写真拡大

モスバーガーを展開するモスフードサービスは、定番商品の「グリーンサラダ(和風ドレッシング)」を、「こだわり農家の野菜サラダ(さっぱり和風ドレッシング)」にリニューアルし、4月23日から発売する。

このほど、定番商品「グリーンサラダ」を、同社が野菜の“旬”へのこだわりを強化する商品施策「ベジ・ワークス」対象商品としてリニューアル。

「ベジ・ワークス」は旬野菜の力に着目するとともに、四季折々の野菜を楽しむ日本の食文化を大切に考えた試み。

サラダは春夏と秋冬で内容を変えて発売するという。

今回の「こだわり農家の野菜サラダ(さっぱり和風ドレッシング)」には、春夏に旬を迎える黄パプリカを使用。

レタス、サニーレタス、トマトとオニオン、黄パプリカに、栄養価が注目されている南米の雑穀“キヌア”をトッピングした。

ごま油とだしを利かせたしょうゆベースのソースに、りんご酢を加えた和風ドレッシング付き。

価格は210円。