ナタリー・ドーマー

写真拡大

日本でも話題の大人向けファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、タイレル家の一人娘マージェリーを演じるナタリー・ドーマーが、『Elementary』に出演することがわかった。

【関連特集】 これを観ずしてなにを観る。傑作大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』いよいよ日本上陸。

ナタリーが扮するのは、女性嫌いのシャーロック・ホームズが一目を置く特別な女性、アイリーン・アドラー。アーサー・コナン・ドイル原作のシリーズのうち、短編小説「ボヘミアの醜聞」に登場するアイリーンは、男が命を懸けるに値するとホームズに評されるほど美しい女性で、また、唯一名探偵ホームズを出し抜いた女性として描かれている。

読者に強い印象を与え、ファンも多いアイリーン役にナタリーを抜擢したことについて、クリエーターのロブ・ドハティは、「アイリーンは、ホームズの人生で最も重要な人物の一人に違いないが、ナタリーほどこの役を演じるという挑戦に相応しい女優はいない」とコメント。ジョニー・リー・ミラー演じるホームズが惹かれる特別な女性を、ナタリーは見事に演じているという。

そうなると、ホームズとアイリーンのロマンスもあるのかと勘ぐってしまうが、ドハティは「二人の関係はロマンティックな類のものではないよ」とやんわり否定。とはいえ、アイリーンは、ホームズがドラッグ依存症になったきっかけになっているらしい。

ナタリーが演じるアイリーンは、5月16日のシーズンファイナルに向けた3エピソードに登場するという。ホームズの過去、そしてアイリーンとの関係がどのように描かれているのか、興味は尽きない!(海外ドラマNAVI)



■関連記事
シャーロック・ホームズの現代版『Elementary』で宿敵モリアーティを演じるのは?
米版『シャーロック・ホームズ』ルーシー・リューがワトソン役について語る
米版シャーロック・ホームズ俳優が実生活でも見事に事件を解決!?