向後の7日株:上昇トレンド継続中!超人気ファンド組み入れトップの業績絶好調ノンバンク株!(850X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

Jトラスト (8508)が今日の注目銘柄!

JPモルガン・アセット・マネジメントが運用する、追加型株式投資信託「JPMザ・ジャパン」の組み入れトップ銘柄(13年1月31日現在、5.4%)として注目します。「JPMザ・ジャパン」の組み入れ上位銘柄には値動きの大きい中小型株が多く、運用成績も好調だったため、市場関係者の関心が高いのです。

ちなみに、「JPMザ・ジャパン」は3月前半に当時の信託金が限度額の1000億円に達したために販売を停止していました。その後、4月1日から限度額を2000億円に引き上げ、購入の受け付けを再開していました。しかし、4月5日、再開早々、積み立てなどを除き、購入申し込みを再び停止すると発表しました。このように「JPMザ・ジャパン」は、超人気ファンドなのです。

ところで、同社の主力は、事業者・消費者向け貸付事業、信用保証事業、クレジットカード事業などの金融事業です。

昨年4月には株式会社ネクストジャパンホールディングスを、また、昨年6月には関連会社であったアドアーズ(4712)を、さらに、7月にはネオラインホールディングス株式会社(現JTインベストメント株式会社)を連結子会社としており、業績に大きく貢献しています。これらの組織再編により、潜在的な利益相反関係を解消し、アミューズメント店舗運営ノウハウとクレジットカード事業を融合した新たなBtoCビジネスの拡充や、株式会社クレディアの顧客基盤・与信管理ノウハウを活かしたシナジー等を通じて、企業価値の向上や事業規模の拡大を進めています。

さらに、KCカード株式会社において、昨年11月に格安ECサイト「eMoMoT.com(イーモモットドットコム)」を立ち上げており、クレジットカード会員数の増加やクレジットカード決済の増加などによるクレジットカード事業の強化を図っていることは、今後の期待材料です。

足元業績は、前期に行った、KCカード、武富士などの大型買収が寄与し、絶好調です。13年3月期通期連結業績は、営業収益は560.7億円(前期比、128.8%増)、営業利益は116.19億円(同、109.8%増)、経常利益は120.48億円(同、119.6%増)、当期純利益は115.64億円(同、66.5%減)の見込みです。ただし、最終減益に関しては、前第2四半期連結会計期間にKCカードの株式取得に係る負ののれん発生益294.44億円を特別利益に計上していたことが影響しています。

日足チャートをみると、株価は、25日移動平均ベースの+2σ(同、4162円)を中心に、綺麗な上昇トレンドを描いています。今後は、同線と+1σ(10日現在、3387円)との間でバンドウォークをしながら上昇トレンドを継続させるとみています。8日につけた高値4000円は中長期の上昇トレンドにおける、単なる通過点に過ぎないとの認識です。

向後はるみ(HARUMI KOUGO)
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。