新人投手「スラダン」実戦で活用

ざっくり言うと

  • ヤクルトのドラフト2位ルーキー・小川泰弘が中日戦に先発した
  • 6回1死まで無安打の快投、新人では球団初の初登板から2戦2勝を飾った
  • 小川はスポーツ心理学で分析した「スラムダンク勝利学」を心の支えにしているという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング