ヴェルサーチとLAアーティストの家具 ミラノサローネで発表

写真拡大

 「VERSACE(ヴェルサーチ)」が、LAを拠点に活動するアーティスト兼デザイナーThe Haas Brothers(ハース・ブラザーズ)とのコラボレーションによるホームコレクション「The Haas Brothers for Versace Home」を発表した。アイコニックな「the Donatella Chair」はじめ、合計12ピースのコレクションを制作。イタリア・ミラノで開催中の国際家具見本市「ミラノ・ サローネ」で初披露された。

ヴェルサーチのコラボ家具コレクション発表の画像を拡大

 「The Haas Brothers for Versace Home」は、トラディショナルだが次世代の感覚を取り入れたデザインが特徴の一つ。創始者Gianni Versace(ジャンニ・ヴェルサーチ)が1992年に発表した「Bondage collection」から着想を得たアームチェア「The Stud Club」や、ファッションとデザインのセクシュアリティを表現した「The Bondage Bench」など、テーブルも含めて12ピースを展開する。中でも「the Donatella Chair」は同コレクションを象徴するピースで、ハニカムシェープの真鍮とブラックレザーを使用し全行程をThe Haas Brothersが手作業で制作。デザイナーDonatella Versace(ドナテッラ・ヴェルサーチ)のグラマラスでロックなスピリットが反映されているという。

 The Haas Brothersは今回のプロジェクトについて、「Donatella Versaceと仕事をし、彼女自身やブランドの世界観にインスパイアされました」とコメント。またDonatella Versaceは、「彼らはVERSACEのスピリットを理解し、昇華させてくれました。The Haas Brothers for Versace Homeはブランドのリミックスであり、Versace Homeに新たなアイコニックなピースが登場したと言えるでしょう」と発表している。