伊ウディネ映画祭での上映が決まった「俺俺」

写真拡大

アイドルグループ「KAT-TUN」の亀梨和也主演作「俺俺」(三木聡監督)が、イタリアで開催される第15回ウディネ・ファーイースト映画祭(4月19〜27日)で上映されることが決まった。亀梨は、「大変光栄に思います。海外の方たちにもたくさん見ていただいて、世界中に俺を増殖してもらえたらうれしいです」とコメントを寄せた。

東アジアや東南アジアに特化したウディネ・ファーイースト映画祭は、日本映画の存在感が欧州の映画祭のなかでは際立って盛り上がることで知られている。これまでにも、2009年に「おくりびと」(滝田洋二郎監督)が観客賞に輝いたほか、昨年は「テルマエ・ロマエ」がワールドプレミアを行っている。

亀梨にとっては、主演映画で自身初の海外映画祭上映となる。三木監督にもゆかりのある映画祭で、過去には「三木聡特集」と称し「イン・ザ・プール」「図鑑に載ってない虫」「転々」の3作品が特集上映されており、今作で4本目の上映となる。それだけに、「私の最新作をヨーロッパの皆さんにいち早くご覧いただけることに今からわくわくしております」と喜んでいる。

三木監督は、見どころについても「普通の見方で楽しむ映画とは少し違うと思いますが、ご自身で楽しみ方を発見していただければ、映画をつくったものとしてこれ以上の喜びはありません」と語った。

亀梨のほか、内田有紀、加瀬亮らが出演した今作は、大江健三郎賞を受賞した星野智幸氏の同名小説が原作。家電量販店で働く平凡な青年・永野均(亀梨)が、なりゆきでオレオレ詐欺を働いたことから、自分の知らない「俺」が増殖し、やがて「俺」同士が互いを削除し合う姿を描いた異色サスペンスだ。

「俺俺」は、5月25日から全国で公開。

■関連記事
33役演じた亀梨和也、“33”のミッションに「俺、やります!」
加瀬亮、「俺俺」で“九一”分けヘアーを披露
亀梨和也の単独初主演映画「俺俺」のヒロインは内田有紀
亀梨和也が「俺俺」で映画単独初主演 20人以上のキャラを演じ分け
「アウトレイジ ビヨンド」加瀬亮の怒号クリップ集を入手!