キングジム、全方位カメラ付きの会議用レコーダー発売 -議事録作成に

写真拡大

キングジムは19日、カメラ付き会議用レコーダー「ミーティングレコーダー」を発売する。

同商品は、会議で議事録を作成する際に便利なカメラ付きレコーダー。

会議で議事録を作成する際、書くことに気を取られて会議に集中できなかったり、ボイスレコーダーで録音しても、後で聞き直すと誰の発言かわからなくなったりするなどの不満を解決するために開発された、録画ができる会議用レコーダーとなっている。

4つのカメラを搭載し、4分割モードで周囲360°の録画が可能で、後で見返した際に誰が話しているのか一目で確認することができる。

また、無指向性マイクを搭載し、話し手の座る位置を気にすることなく、会議の中心に置いておくだけで360°の音が録音できるという。

録画・録音したファイルは、「ミーティングレコーダー」本体で再生できる。

本体をパソコンと接続すればSDカードに保存されたファイルを、パソコンのアプリケーションで確認することが可能となる。

また、Webカメラとしても使用可能で、従来のカメラでは視野角が狭いため向いていなかった複数人でのWeb会議でも、全員の顔を見ながら対話することができる。

その他、スピーカーとしてプレゼンテーションの際にも活用できるという。

展開色はホワイトで、希望小売価格は34,650円。