「被災地工事」で6500万持ち逃げ

ざっくり言うと

  • 復興支援をうたう一般社団法人の理事長代行の男が所在不明になっている
  • 被災地の工事に参入できると持ちかけ、建設会社から6500万円を受け取っていた
  • 事業は架空だった疑いがあり、建設会社側が警視庁に相談している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング