イオンモールが、千葉県木更津市に「(仮称)イオンモール木更津」を出店する。土地区画整理事業による新市街地の形成が進み、人口が増加傾向にある木更津市に進出することで、規模・ 質ともに房総半島ナンバーワンのエンターテインメントを提供する郊外型ショッピングモールを目指すという。開業は2014年秋が予定されている。

イオンモールが木更津に進出の画像を拡大

 「(仮称)イオンモール木更津」は市街地から南西約3km、館山自動車道木更津南ICから北西約2kmの臨海部にあり、広域幹線道路からのアクセスも良好な「みなと木更津再生構想」の区域内に位置する。今後は圏央道の開通により房総南部をはじめ、茂原から大網、東金方面まで広域からの集客が予測されており、約283,500平方メートルの広大な敷地で「訪れるひと、住まうひと、皆がつどい交流するまち」をコンセプトに運営される計画だ。

 イオンモールは2013年2月期の決算において、経常利益が397億8,400万円(前年同期比1.9%増)と3期連続で過去最高を更新。同社は3月にオープンした「イオンモール春日部」(埼玉)と「イオンモールつくば」(茨城)に続いて、11月に「イオンモール東員」(三重県)、12月には吉本興業の新エンターテインメント劇場が入るイオングループの旗艦店「イオンモール幕張新都心」(千葉)を開く予定。4月18日にはプロパティマネジメント事業としてリニューアル・管理運営業務を受託している「神戸ハーバーランドumie(ウミエ)」も開業するなど、全国で出店を加速している。

■(仮称)イオンモール木更津
 所在地:千葉県木更津市築地1
 http://www.aeonmall.com/