ミサイル発射警戒「事態は緊迫」

ざっくり言うと

  • 小野寺防衛相は10日、防衛省敷地内で航自衛隊のPAC3を視察し、部隊長らを激励
  • 北朝鮮の方角に向けて設置された2台の発射機を確認した
  • 「事態は緊迫している。いつ命令が出ても対応できるようお願いする」と指示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング