マイケル・インペリオリ

写真拡大

『カリフォルニケーション』シーズン7に、マフィア・ファミリーを描いたドラマ『ザ・ソプラノズ』にて、血の気の多い短気な性格のクリストファー役を好演したマイケル・インペリオリが数話に渡り出演することが決定した。

【関連特集】規格外の犯罪ドラマがやってきた! 『デイ・ブレイク』 VS 『デトロイト1−8−7』 編集部対決!

『カリフォルニケーション』は、女性にだらしないがどこか憎めない快楽主義の小説家ハンク(デヴィッド・ドゥカヴニー)と、ハンクにとって永遠の女神である元恋人カレン(ナターシャ・マケルホーン)、彼らのティーンの娘ベッカ(マドレーヌ・マーティン)、そしてハンクの親友でもありエージェントのチャーリー(エヴァン・ハンドラー )を中心に繰り広げられるハリウッドのセレブの日常生活を描いた恋愛コメディだ。

マイケル扮するリックは、大成功している昔気質のTVプロデューサーで、主人公ハンクが挑む新しいプロジェクトに関わるカギを握る重要な役割を演じるとのことだ。前述の『ザ・ソプラノズ』でエミー賞助演男優賞を受賞、そのほか『デトロイト 1−8−7』『ニューヨーク1973/LIFE ON MARS』にも出演しているマイケルが、ハンクとどのようなドラマを産み出していくのかが見ものだ。

米国では先週末シーズン6が終了したばかりの『カリフォルニケーション』、シーズン7の放送は2014年を予定している。ちなみに日本ではFOXにてシーズン4が毎週土曜25:00から放送中だ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
2×3組の'相棒'たちが犯罪捜査に立ち向かう!  『デトロイト1−8−7』、DVD発売&レンタル決定!
『フレンズ』のマギー・ウィーラーが『カリフォルニケーション』に出演!
『William & Kate』ケイトさん役のカミラ・ルディングトンが『カリフォルニケーション』のレギュラーに!