尾崎は左腕にマダムシンコのロゴが入ったウエアで今季を戦う(撮影:ALBA)

写真拡大

 永久シード保持者の“ジャンボ尾崎”こと尾崎将司が関西を中心に『マダムシンコ』ブランドを展開するカウカウフードシステムと2年間のスポンサー契約を締結。10日(水)、都内のホテルにて発表会が行われた。
石川遼がカシオの所属プロに「光栄に感じています」
 同社会長のマダム信子氏は以前から尾崎のファンで今回の契約について「夢がかなった。ゴルフ界にはジャンボのような存在が必要。またジャンボがナンバー1になるためのお手伝いができれば」と熱い思いを話した。
 尾崎は「人生ゴルフ一筋。ワガママほうだい他のことは目もくれずやってきた。そういう生き様を評価してもらえてうれしい」と少し照れたようにコメント。また今季は「(石川)遼とか松山(英樹)の話題は出るけど、できれば今年は俺が話題を提供したい」と若手に頼らず自分がツアーを牽引する決意を表明。「でも、勝たないと話題にならないから今年は頑張るよ」。クラブ契約を一新し、新たなスポンサーも得て狙うは自信が持つツアー最年長優勝の更新。勝利を渇望する66歳の大ベテランが今季の男子ツアーを熱くする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
ジャンボ尾崎がアダムスゴルフと用具提供契約を締結
ジャンボ尾崎、新しい武器に感心しきり
尾崎将司プロフィール
最新ギアニュースをチェック!
最新のギアインプレッションをチェック!