スバル、先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」搭載車の販売10万台達成

写真拡大

富士重工業は10日、先進運転支援システム「EyeSight(ver.2)」を搭載したモデルの国内累計販売台数が、2013年3月末時点で10万6,735台(同社調べ)となり、10万台を超えたことを発表した。

EyeSight(ver.2)は、自動車や自転車・歩行者も対象として前方衝突被害の回避・軽減を図る「プリクラッシュブレーキ」機能や、より自然な追従制御によって運転負荷の軽減を図る「全車速追従機能付クルーズコントロール」機能など、多くの機能を同社独自のステレオカメラのみで実現した先進運転支援システム。

2010年5月の発売以来、高い機能と10万円という手頃な価格設定が好評とのことで、2012年度の国内販売におけるEyeSight(ver.2)装着率は、装着可能な車種(レガシィ、インプレッサ、フォレスター、エクシーガ)では約70%となっている。