ホンダ、北九州市で燃料電池電気自動車から家庭への電力供給実験を実施

写真拡大

本田技研工業は、福岡県北九州市が取り組んでいる「北九州スマートコミュニティ創造事業」における共同実証実験として、燃料電池電気自動車「FCXクラリティ」から家庭へ電力を供給する実験を開始すると発表。

一般家庭のおよそ6日分の使用電力を供給できる、最大出力9kW(同社測定値)の外部給電機能を装備した「FCXクラリティ」を北九州市に納車し、9日にオープニングセレモニーを行った。

同実験は、経済産業省のスマートコミュニティ実証事業の一環として、北九州市環境ミュージアムの敷地内にある北九州エコハウスにFCXクラリティから電力を供給し、電力ピークカットに貢献する電力平準化の新たなる方法としての実証を行う。

また、地域と連携したCEMS(Community Energy Management System)ネットワークに電力を供給し、北九州市八幡東区東田地区の地域節電所にて、地域全体のエネルギーマネジメントにおけるビークルトゥホームの効果検証を行っていくとのこと。

FCXクラリティは、実証実験車としてさまざまな状況で活用され、実際の都市環境下でのCO2削減効果も検証するとともに、緊急時における移動可能な発電設備としての実用性も検証するという。