カシオのロゴが入ったバイザーを着用する遼

写真拡大

 カシオ計算機株式会社は石川遼と3年間の所属契約を結ぶことで基本合意したことを10日(水)発表した。
遼、予選はスネデカー、ローズと同組「今一番見たい2人」
 今回の所属契約について同社社長の樫尾和雄氏は、「日本ゴルフ界の次世代を担って立つにふさわしい類稀な才能を持ち、自身の目標に向かって努力を積み重ねる石川選手を支援していけることは、当社にとって大きな楽しみです。世界でのトップランク獲得に向けた今後の活躍に期待しています」とコメント。
 一方、石川は「今回、『カシオ ワールド オープン ゴルフトーナメント』を主催するなど、長年に渡りゴルフ界に貢献を続けてきたカシオとの所属契約に合意できたことを大変うれしく思い、光栄に感じています。これからはカシオの所属選手として、ファンの皆様の期待に応えられるプレーができるよう努力してまいります」とコメントを寄せた。
 石川は現地時間の10日に行われる『マスターズ』のパー3コンテストから同社のロゴが入ったサンバイザーなどを着用する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
美人ゴルファーを紹介!「今日の美ゴ女」
ALBA.Netのスーパールーキーが最新クラブを斬る!