俳優として50年以上のキャリアを持つダスティン・ホフマン。これまで監督挑戦していなかったのも意外だ/[c]Headline Pictures (Quartet) Limited and the British Broadcasting Corporation 2012

写真拡大

これまでに二度、アカデミー主演男優賞に輝き、名実共にアメリカを代表する俳優のダスティン・ホフマン。8月に76歳となる超ベテランの彼が初めて監督に挑戦した『カルテット!人生のオペラハウス』が4月19日(金)より公開される。

【写真を見る】12月で79歳!そんな年齢を感じさせないほど若々しいマギー・スミス

本作は、閉鎖寸前の老人ホームを救うべく、とうの昔に引退した音楽家たちが、もう一度舞台に立つまでを描いたハートフルドラマだ。監督初挑戦にして、マギー・スミスやトム・コートネイといった俳優たちをまとめ上げ、ユーモアと温かみに満ちた演出で、監督としての力量を存分に示してみせた。俳優でなければ、ジャズピアニストになるのが夢だったというだけに、音楽を主題にした本作には強い思い入れを感じていたようだ。

また、ダスティン・ホフマンといえば、『クレイマー、クレイマー』(80)や『レインマン』(89)といった作品で知られ、完璧主義者としても有名。細かい仕草まで計算し尽くされた隙のない演技は、その性格をよく表しており、初監督作となった本作でもその気質を大いに発揮している。

俳優から監督に転身し、成功を収めた人物といえば、クリント・イーストウッドの名前が真っ先に思い浮かぶが、果たしてダスティン・ホフマンも彼の後に続くことができるのか。是非、劇場であなた自身の目で確かめてほしい。【トライワークス】