保有しているだけで、分配金が毎月もらえる毎月分配型投信。「毎月少しずつお金がもらえるのなら欲しいかも」と思う人もいるでしょう。しかし、この毎月分配型投信、特殊な商品性ゆえに保有していい人とダメな人がハッキリしているのです。今回はどんな人が買ってよいか、どんな人が買ってはいけないかを説明しましょう。

毎月分配型投信は大きく資産が増えない商品

 フツーの投資信託はファンドの運用によって得た利益を元本に入れるため、資産が雪だるま方式に膨らんでいきます。

 それに対して、分配金を毎月支払っている毎月分配型投信は運用の利益から分配金を支払っていくため、元本にプラスされる金額が少なくなります(利益が少ない場合は元本を取り崩して分配金を支払う場合もあります)。

 家計に例えてみましょう(税金等は考慮しません)。元手が100万円の家庭、AとBがあったとして、まったく同じ運用を1年行ない利益が10万円出た場合、Aは元手の100万円に10万円を加えて運用を続け、Bは10万円の利益のうち8万円を使い、残りの2万円を元手に加え運用を続けました。

 2年目のスタート時点の資産は次のようになります。

 Aの資産:110万円
 Bの資産:102万円

 次の年も同じ運用を行ない、年利10%の利益が出た場合、

 Aの資産:110万円+110万円×10%=121万円
 Bの資産:102万円+102万円×10%=112万2000円

 その差は、8万8000円となります。

 1年目にBが8万円使ったことを差し引いても、2年目で8000円の差が生じているのです。ちなみにBの8万円は毎月分配型投信の分配金に当たっています。

 これを毎年繰り返していくと、大きな差が生じていくことはあらためて言うまでもありませんね。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)