大麻吸引の経験をテレビ番組で語ったレイチェル・マクアダムス (c)Hollywood News

写真拡大

34歳の女優レイチェル・マクアダムスがテレビのトーク番組に出演し、大麻を吸引した経験を語ったことが話題を呼んでいる。

レイチェルはアメリカ時間4月8日にトーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に出演し、大麻を吸ってハイになったことを話した。どうやら彼女は故郷のカナダにいる時に不眠症になってしまい、そのことを近所の食料雑貨店の店員の男性に話したところ、彼が彼女に大麻を渡したのだという。彼女は司会者のジミー・キンメルに、「私は寝たいのよ。ハイになりたくないのと言ったの。でも彼は、『これは君を眠らせるから』と言って来たのよ」と語った。

彼の言うことを信用した彼女は、寝る前に大麻を吸引してみたのだという。だが、その経験は彼女にとって良いものではなかったようだ。彼女は、「私はちょっとだけ試してみたの。ベッドに入るころには、頭が変になっていたわ。完全に幻覚が見えていた。それから頭の中でオペラが聞こえて来たの。男性が私の頭の中で5時間くらいオペラを歌っていたのよ」とその経験を語った。

レイチェルにとって、大麻吸引は最悪の経験になったようだ。それにしても、アメリカでは大麻使用が合法になった州があるとはいえ、女優がテレビ番組でドラッグの使用についてオープンに語ることができるのが驚きである。【村井 ユーヤ】