背中美人になる! 肩こりも予防する広背筋ストレッチ - 1日1分からの筋トレ

写真拡大

整体師の大山奏です。

背中は脂肪がついてきても気づきにくい部分です。

もし脇の後ろ側の肉が摘めるようであれば、ストレッチで代謝を上げて、後ろ姿を格好良くしてみませんか。

今回は広背筋(こうはいきん)と言う、背中全体を覆っている大きな筋肉に効くストレッチを紹介します。

同時に肩こりの予防にもなりますよ。

Step1:両足を肩幅ぐらいに開いて姿勢よく立ちますStep2:両手を前で組み背中を丸めながら、左右の肩甲骨を思いっきり引き離すように腕を前に出しますStep3:10秒ほどしたら一度脱力し、3回ほど繰り返します脱力の際は一瞬で力を抜きましょう。

ストレッチには緊張と弛緩(しかん)の繰り返しが大切です。

肩こりがひどい人は背中の皮膚が引っ張られたり、腕に抵抗を感じたりするかもしれません。

筋肉が固まっている証拠なので、3回でも伸びきっていないと感じたら、回数を増やしてもOKです。

注意する点として、腕を前に出す時にあごをあげずに下を向きましょう。

デスクワークを終えて帰宅後に服を着替えたら、緊張が少し解けたという経験はないでしょうか。

逆に言えば、服を脱ぐまでずっと力が入っていたということです。

楽な格好に着替えたら、まず肩のストレッチをしてみてはいかがでしょう? 家の中でのリラックスタイムにスイッチを入れる、と考えるといいかもしれません。

広背筋は運動中に上半身のバランスをとるという役割があります。

とっさの時に腕が動くかどうかにも関わってくる大切な筋肉です。

背中に脂肪がついていると、姿勢よく歩いてもキレイに見えません。

鍛えることで、スラっとした後ろ姿になる効果もあります。