「牛角」がフィリピン進出、メトロマニラ内タギッグ市に1号店オープン

写真拡大

レインズインターナショナルはこのほど、焼肉チェーン店「牛角」のフィリピン1号店をオープンした。

営業時間は、日〜木曜日が11:00〜23:00、金・土曜日が12:00〜25:00。

坪数は60坪、客席は88席。

出店場所は、フィリピンのメトロマニラ(マニラ首都圏)内タギッグ市にあるフォート・ボニファシオ(通称ボニファシオ・グローバル・シティ)。

同地域は、新興都市として再開発が進んでおり、商業施設やコンドミニアムが建設されるなど、フィリピンでも最先端のエリアとして注目されているという。

価格は、「カジュアルよりややアッパーに設定」(同社)し、中高所得層の家族や近隣で働くビジネスマンなどをターゲットとした。

想定客単価は、ディナーで2,000円〜2,300円を設定。

メインのカルビをはじめ、ハラミや牛タン、フィレ・リブアイなど様々な種類の肉を提供するほか、高級メニューとして和牛も販売する。

また、サイドメニューやデザートでは、日本の牛角で人気の商品を取り入れつつ、現地オリジナルメニューなども用意したという。

出店場所詳細は、W Global Center, 9th Avenue cor 30th St Global City, Fort Bonifacio, Taguig, Metro Manila, Philippines。

運営企業は、Global Restaurant Concepts Inc.。