ママ達のスマホ利用の実態-知育アプリの利用、節約レシピ検索など

写真拡大

サイバーエージェントは、同社のスマートフォン向けコミュニティ&ゲームSNS「Ameba」で提供している、フリーマーケットサービス「毎日フリマ」にて、子供を持つ20〜30代の母親500名を対象に、「スマートフォン利用」に関する意識・実態調査を実施した。

調査期間は、3月13日〜15日まで。

「スマートフォンを利用するようになってから、家事や育児における行動で変化したことはありますか?」と質問したところ、77%が「ある」と回答した。

具体的な変化としては、「料理のレシピをスマートフォンで検索し、それを見ながら料理をするようになった(29歳・東京都)」、「子供がぐずったときに動画をみせて泣きやませたり、子供の平仮名の練習に利用したりするようになった(28歳・兵庫県)」などの回答があがっている。

「スマートフォンは、家事や育児に役立つアイテムだと思いますか?」という質問には、9割近くが「そう思う」と回答した。

具体的なスマートフォンの活用状況については、料理方法の検索・スマートフォンでの買い物など「家事」にスマホを活用している母親の割合は82%。

また、泣きやませ・知育アプリの利用など「育児」で活用している割合も54%と半数を超えた。

また、節約レシピの検索・ポイントアプリでの小遣い稼ぎなど、「家計のやりくり」にスマートフォンを活用している人も31%。

「今後活用したい(46%)」という回答を含めると、8割近くにのぼった。

なお、スマホを使い「家計のやりくり」を実践している母親たちに、具体的な手段を聞いたところ、「ポイントアプリでポイントをためて、ギフト券に換えている(25歳・静岡県)」、「オークションサイトのアプリで使わなくなったものを売っている(29歳・長崎県)」などの回答が多く、スマホを活用して手元のお金を上手に増やし家計の助けにしたり、小遣いを稼いだりしているママたちの様子がうかがえる。