健康診断や人間ドックを必ず受診する医師は7割 -受けない理由1位「忙しい」

写真拡大

医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営するケアネットは10日、同社医師会員1,000人に対して実施した「自身の健康管理」についての意識調査の結果を発表した。

「健康診断・人間ドックの受診」について聞いたところ、全体の68.7%が「毎回必ず受けている」と回答した。「受けないことがある」医師は19.3%、「毎回受けない」医師は12.0%だった。

世代間で大きな差は見られなかったものの、「毎回受けない」とした人の比率は年代が上がるとともに漸増し、30代以下で10.6%のところ、60代以上では13.8%となった。また「自身が具合を悪くした際、もっと早く受診すれば良かった」と感じた経験がある医師は全体の17.6%。40代では20.3%となった。

健康診断・人間ドックを受けない(ことがある)医師に理由を尋ねたところ、もっとも多かったのは「忙しいから」の64.9%、働き盛りの40代では72.7%に上った。

一方、若年層に比べ開業医の比率が高まる60代以上では、「院内に自身しか医師がいない・シフトを替わってもらえないから」が28.6%に上ったのと同時に「自分の健康状態は自分でわかっていると思うから」が21.4%存在した。「受けたいのに都合がつけられない」医師と、「受けないと決めている」医師が他の世代に比して明確に表れる結果となった。

また、自身が具合を悪くした際に「もっと早く受診すれば良かった」と感じた経験がある医師に、受診が遅れた理由について聞いたところ、健康診断と同様「忙しかったから」が69.9%ともっとも多かったが、「受診するほどの症状ではないと思ったから」と回答した医師も27.8%存在した。

自由回答として「知り合いの先生が”まだ大丈夫”と過信し、忙しさも重なり受診をのばした結果、手遅れになった」など、ある程度自分で判断がつくことから招いてしまった事態や、「健康診断は受けるが、そこで引っかかっても、多忙のため受診できない」など、結果として”医者の不養生”になってしまうことを嘆く声も寄せられたという。