「手帳術」から見る社会-2-

写真拡大

■TOPIC-2 手帳は「夢」と出合う

前回、1990年代までの「手帳術」関連書籍では、夢を広げていくことの重要性が語られ、また「人生を変える手帳術」といった文言が出てくる一方で、夢を実現し、人生を変えることを可能にする具体的な「手帳術」が示されることはなかったと述べました。ただこれは、「手帳」という言葉をタイトルに含まない書籍まで見ていくと、管見の限りでは1冊だけ例外を見つけることができます。

それは1995年に出版された、フランクリン・エクセレンス インク監修/サイビズ編集部編『フランクリン・システム』という書籍です。これは現在「フランクリン・プランナー」として売られている手帳の前身である「デイ・プランナー」の解説本です。

この「デイ・プランナー」は「時間管理のための時間管理」ではなく、「『将来のための』時間管理」という考え方を基本に据えているといいます(13p)。また別の箇所では「ユーザー一人一人が自分自身の中で明確化した価値観、その価値観実現のための時間管理ツール」だとも述べられます(15p)。では将来のための、価値観実現のための時間管理とはどのようなものなのでしょうか。

「デイ・プランナー」の新しさは、人生や夢に向き合うことを、手帳のメインコンテンツとして組み込み、「手帳術」に落とし込んだことにあります。具体的には「価値観/目標」というページがあり、「価値観」のページでは「『価値観』=『将来、自分がこうなっていたい』という像」を書き出し、それに優先順位をつける作業が促されます(『フランクリン・システム』74p)。次に「目標」のページでは「『目標』=期限を決めることで具体化する」という観点から、書き出された価値観について、「長期目標」をまず設定し、そのために必要な中期目標を優先度と期限とともに書き出します。そしてこれらを参照して、日々何を行うかを決定していくことが促されています(66、75p)。

しかしながら、目標を描くことが難しいという場合もありえます。「デイ・プランナー」のセミナーでも、自分の目標や価値観を考える部分にさしかかると多くの人が考え込むと述べられています(152-153p)。この当時の他の「手帳術」関連書籍では、その場合へのフォローがありませんでしたが、『フランクリン・システム』では、どんな卑近なことでも「思っているイメージをそのままズバリ、言葉にしてみる」(155p)、特に「できるだけ具体的な形容」(160p)を付け加えて目標を身近に、リアリティのあるものにしていくといったアドバイスが提示されています。

このような、設定した目標と照らし合わせて日々の生活を管理するという志向は、アメリカ独立宣言の起草者であり、100ドル紙幣にも印刷されているベンジャミン・フランクリンに由来しています。フランクリンは自作の手帳に節制、沈黙、規律等の13の徳目を記し、毎日それが達成できたかどうかをチェックしていたといいます(20-21p)。「デイ・プランナー」の使い方を習得するためには、このフランクリンの考え方を「システム化」した思考体系「フランクリン・システム」をよく理解する必要があるとされています。

■「最も大切なこと」を発見するツールへ

この「フランクリン・システム」、つまり時間管理についての考え方は、7年後の「フランクリン・プランナー」の解説書であるフランクリン・コヴィー・ジャパン編著『人生は手帳で変わる』においてより精緻化・体系化されたかたちで展開されているので、以下ではそちらを参照することにします(フランクリン・エクセレンス インクは親会社の合併に伴い、1998年にフランクリン・コヴィー・ジャパンとなっています)。

『人生は手帳で変わる』は、「手帳を単なるスケジュール帳としてではなく、人生のガイドとして活用」することを主張して始まります(3p)。従来の手帳はスケジュール管理機能を高めてはきたものの、効率的なスケジュール管理はさらなるスケジュールの追加を呼び込み、結果としてストレスを高めることにつながっているとされます。それによって、「本当にやりたいこと」が明らかにされないまま、仕事だけが増えていくという問題が生じているというのです(52p)。

それに対して「フランクリン・プランナー」は、「自分自身にとって『最も大切なこと』を発見することに主眼をおく」といいます。そして「『最も大切なこと』と自分自身の計画と行動を、一線化した上で、調和できるようにする」というのです(58p)。次に、「スケジュール化された課題に自分の優先順位をつける」のではなく、「自分にとっての優先的な課題や事柄をスケジュールに入れる」という発想の転換が促されます(60p)。こうすることで、人生の「最も大切なこと」と仕事の予定がバランスよく配分され、充実感と達成感を得ることができるようになるというのです(62p)。

このように「最も大切なこと」の発見が重要視されるため、『人生は手帳で変わる』では、その発見への「3つの切り口」が次のように用意されています。「その1つは、理想的な生き方に近づくための具体的な行動指針である『Value(価値観)』。2つ目は『Role(役割)』。すなわち、理想とする生き方を実現するために果たすべき役割である。そして最後が、あなた自身の理想とする生き方や生きる目的を表す『Mission(ミッション)』である」(142p)。「これからの人生で、あなたがやりたいと思うことは?」「今、あなたに充分な時間があれば、誰と何をしたい?」等の自問自答を行いながら(78-79p)、「最も大切なこと」が発見できたならば、後は『フランクリン・システム』と流れは同様です。

具体的には、『人生は手帳で変わる』での「手帳術」の流れはこうです。「フランクリン・プランナー」の「目標」ページに、「最も大切なこと」を書き込み、それに沿った長期目標を設定し、その達成のために必要な中間ステップを、優先度と期限とともに書いていく。さらにそれは月ごとの主要課題、月間目標へとダウンサイズされ、さらにデイリーページの「今日の優先事項」欄に落とし込まれる。さらに優先事項の中でもとくに重要なA、次いで重要なB、できればいいという程度のCと優先順位をランク付けして振り分ける。これらの優先事項は「時間自由」の事項なので、あらかじめ入っている「時間固定」のスケジュールの隙間でそれらを処理していく(80、98-99、104-105、184-197p)。「デイ・プランナー」と原理は同じですね。

以上みてきたように、「デイ・プランナー」と「フランクリン・プランナー」においては、人生や夢にどう向き合うかということが、手帳のコンテンツと一体化したものとして示されています。いわば夢の「手帳術」化、夢の作業化がここで起こっているのです。2000年代の日本人の手による「手帳術」でもこのような変化は同様にみられます。以下、それを追っていきましょう。

■夢は作業化によってかなえられる

2003年、フリーライターの藤沢優月さんによる『夢をかなえる人の手帳術』が刊行されます。議論を先取りすれば、同書でも夢の作業化が起こっているのですが、注目すべきはその活用の文脈の拡大です。つまり、「デイ/フランクリン・プランナー」はあくまでもビジネスでの活用を主要な用途としていました。それに対し藤沢さんの著作は「自分らしさ」と「手帳術」を関連づけて、つまり第7テーマで扱った、あらゆることを「自分らしさ」の問題として考える女性向け自己啓発書の文脈に引きこんで「手帳術」を論じているのです。

具体的には、藤沢さんの著作はまず「この本は、自分らしい時間を見つけるための、手帳術の本です」と始まります(1p)。そして次のように続きます。

「あふれる情報やできごとに振り回されて、わけのわからないままに時がすぎていく。そんな人生から抜けだして、自分の『心』が本当に望むことに時間を使い、夢をかなえて幸せに生きたい。もっと上手に時間とつき合いたい。この本では、そんなあなたに本当に役立つスケジューリングの方法を紹介します」(1p)
「あなたが本当に満ち足りて生きたいと思うのなら、その答えは外ではなく、内側にあります。今こそ自分の時間と心を見つめ直すときです」(2-3p)

周りの情報や出来事ではなく、自分の「心」が本当に望むこと。第7テーマで幾度も見てきた二分法です。時間管理という日常の些細なことがらが「自分らしさ」や幸せにつながるという考え方も、女性向け自己啓発書によくみられる考え方だといえます。では具体的にはどのように時間管理と「手帳術」と「自分らしさ」は結びつくのでしょうか。

同書の「SECTION1」は「自分のリズムで時間を生きよう」です。「しなければならないこと」に追われ、より早く効率的にと時間を過ごそうとする考え方をやめ、「自分らしいリズム」で時間を過ごしていこうということがまず主張されます(13-16p)。この「自分らしいリズム」をつかむために促されるのが、「自分の過去を振り返る」ことです(20p)。自分に合った時間の過ごし方という「青い鳥」は、どこか遠いところにあるのではなく、「自分の中にちゃんと住んでいる」のだから、それを見つけだそうというのです(21p)。

「SECTION2」は「夢や目標をはっきりさせよう」です。これは、人生の限りある時間を有意義に使うため、「私は、本当はどうなりたいのか?」(43p)ということをはっきりさせよう、そのためには「自分の気持ちを理解する」こと、「心の声」を聴いてみることが必要だという話です(29、35p)。具体的には、「自分のしたいこと、夢、目標、チャレンジしてみたいこと」をリストアップし、「しなければならない」ことではなく「したい」ことを見分けていく作業が示されています(30-33p)。

ここで手帳が登場します。スケジュール表には、まず「いちばんしたいこと」から書き込みます(54p)。新しいことを始めるのにエネルギーがいるという場合は「〜週間」というキャンペーン期間を自分に設けて徐々に動かしていくというアイデアも示されています(55-56p)。実際の予定はこの後に書き込まれ、「したいこと」と「しなければならないこと」を、前者を重視しつつ調整していくことが促されています。

藤沢さんが特に重視するのは、「毎日1時間、純粋に自分のためだけの時間」をもつことです(92p)。これを藤沢さんは「灯台の時間」と呼び、「あなたを忙しさの大海から救う時間。押し寄せてくるスケジュールの波に飲まれそうなときに、きちんと立ち止まる時間です。(中略)いったんスケジュールの流れを止めて、今何が起こっているかを観察するために、時間の灯台に登るのです」と解説しています(90-91p)。「うるさい声も急かす仕事もない、ただ自分の心とつながっている『灯台の時間』の中で、夢や目標とのつながりをとりもどす」(99p)ともあるように、つねに自分自身の「心」を重視し続けることが時間管理術、「手帳術」のポイントとされているのです。

藤沢さんの著作ではこのように、自分自身の「心」を重視して夢・目標を実現していく「手帳術」が示されているのですが、同年の、やはり女性の書き手によるもう一つの「手帳術」は、また少し違った傾向をもつものでした。

それがイー・ウーマン社長の佐々木かをりさんによる『ミリオネーゼの手帳術』です。同書のプロローグは「手帳が『わたしの夢』をかなえてくれる!」として始まりますが、藤沢さんのように内面を深く掘り下げて夢を見つけるという向きはなく、時間管理を効率的に行い、生産性を上げればすなわち夢がかなうという考え方が示されています。

具体的には、「わたしがするべきこと」「わたしがしたいこと」「わたしが考えること」などをすべて書き込んで(19p)、「自分の時間を目に見える状態」(32p)にし、それを効率的にこなしていくことができればそれは「自分がやりたいと思っていることができた」ということで、自己満足度も上がりハッピーになれる(30p)、というのが佐々木さんの考え方です。非常にシンプルですが、「手帳術」を通した時間管理が、単なる生産性の向上だけではなく、自分自身の満足と幸福にもつながるのだという主張は、それ以前の(特に男性の手になる)「手帳術」には見られないものでした。藤沢さんと佐々木さんが切り拓いたものは、「手帳を通して幸せになれる」という、手帳の新たな可能性と方法論だったといえます。

■「人間性を高める取り組み」の域へ

もう一冊、この時期の「手帳術」関連書籍には重要なものがあります。ワタミ株式会社代表取締役社長・CEO(当時)の渡邉美樹さんによる『夢に日付を!』(2005)です。同書では夢という一点にフォーカスした「手帳術」が語られ続けます。そのノウハウは、同書冒頭で次のように示されています。

「夢に日付を入れて、夢と現実の差を明確にし、その差を日数で割り、日々やるべきことをやり抜く これによって今日という日が変わり、結果として、一日、一日と夢に近づいていく」(3p)

このノウハウは、渡邉さん自身が「これでは本にはならない」(3p)と述べるほどにシンプルなものです。また、先述した「デイ/フランクリン・プランナー」で示された夢の作業化のアイデアにかなり近いことを考えると、特段独創的なものというわけではありません。また、その後に述べられる、「手帳術」は単なるノウハウではなく「一つの生き方の提案」(4p)という主張にしても、藤沢さんや佐々木さんの著作が既にそうであって、やはり独創的なものとはいえません。

渡邉さんの主張に新奇性を見出すとすれば、「手帳術」の活用を自己成長のプロセスとして捉えている点だと私は考えます。その考え方は次のように整理できます。渡邉さんの「手帳術」のポイントは、夢をかなえることにあります。自分のかなえたい夢とはつまり、自分自身の価値観を煮詰めたものだといえます。そのため、渡邉さんの「手帳術」を実行することは、自分自身の価値観と向き合うということと同義です。そして渡邉さんは、「手帳術」を駆使して夢をかなえようとする「プロセスのなかで人格が磨かれていく」と述べます(28p)。そしてこの「『夢に向かうプロセスのなかで人間性を高める』ことが、人生の最大の目的」(33p)だとされるのです。

つまり、夢に向かうプロセスとしての「手帳術」への取り組みは、人間性を高めるための取り組みでもあるとされるのです。渡邉さんの著作にはしばしば「あきらめなければ夢は必ず叶う」(43p)という考え方が登場しますが、自己成長プロセスとしての「手帳術」という観点から解釈するとき、これは単に夢がかなう云々の話ではなくなります。渡邉さんの「手帳術」の世界では、夢に取り組み続けるための「手帳術」に真摯に取り組むことは、人間性を高めようと努力する人間だということの表れであり、夢をあきらめて「手帳術」を手放してしまうことは、人間性を高めることを放棄した人間だということの表れだとされるのです。

渡邉さんの「手帳術」のノウハウは、先にも述べたとおりシンプルで、特段新しいものではありません。しかし、その「手帳術」への情熱は、なかば強迫的ともいえるほどに強いものがあります。この強迫性も渡邉さんの「手帳術」がもつ新奇性といえるかもしれません。具体的には以下のようなものです。

夢に日付を入れるのは「この一瞬一瞬を最高の状態で生き切るため」に行う(51p)、夢の実現のために「毎日120%のギリギリの努力を続けたら、どれくらいの期間で達成できるか」を考える(119p)、その達成予定日は「死ぬほどの努力を続けることができれば」という観点から考える(119p)、夢の実現は「絶対にできるという思い込みを、具体的な行動として手帳に落とし込」む必要がある(131p)、等々。

渡邉さんの主張は、先述の藤沢さんの夢をかなえる「手帳術」とは、夢を取り扱うという点では共通していながらも、全く異質なものであるように見えます。こうして、2000年代前半において、夢をかなえる「手帳術」は、またたく間に行き着くところまで行き着いてしまったのでした。

さて、この時期にはGMOインターネット代表取締役会長兼社長・熊谷正寿さんによる『一冊の手帳で夢は必ずかなう』(2004)という著作も刊行されていました。内容はこれまでに紹介した著作と大きく異なるものではないので紹介は割愛しますが、いずれにせよ2000年代前半は、幾人か(および企業)の手によって、夢をかなえる「手帳術」が相次いで発表された時期だったといえます。

「デイ/フランクリン・プランナー」は手帳が先行したものでしたが、今回紹介した藤沢さん、佐々木さん、渡邉さん、そして熊谷さんはそれぞれ、自らの主張する「手帳術」がよりよく実行できるように、著作の刊行とほぼ並行して手帳をプロデュースして売り出してもいました。その意味でも、夢の「手帳術」化、夢の作業化が進んだ時期だったといえます。

とはいえ、誰がこうした動向の基点にいるのかを考えるのは難しいことです。「フランクリン・プランナー」の前身である「デイ・プランナー」は1984年から発売が開始されており、熊谷さんは2004年の時点で「20年前に、人生でやりたいことを書き出し」、その「実現時期を明記した15年計画の『未来年表』」を作ることを始めたとと述べています(『日経ビジネス アソシエ』2004.12.7、32p)。

そもそも、以前紹介した1979年の『誰も教えてくれなかった上手な手帳の使い方』でも、人生設計の記録という市井の人々の使い方が紹介されていました。同書に懸賞論文を投稿しなかった当時の人々のなかにも、夢をかなえる「手帳術」を実行していた人はいたかもしれません。

このように、手帳という非常に日常的なツールについて、新しい用途を発明したのは誰かという起源の探求はかなり難しいものです。それよりは、なぜ2000年代、いわば同時多発的に夢と「手帳術」がワンセットになった書籍の刊行が相次いだのかを考えていくほうが有意義であるように思えます。とはいえ、これは再来週の考察の回で扱うこととし、次回は2000年代後半以降の「手帳術」について扱いたいと思います。

----------

『フランクリン・システム』
 サイビズ編集部/サイビズ/1995年

『人生は手帳で変わる』
 フランクリンコヴィージャパン/キングベアー出版/2002年

『夢をかなえる人の手帳術』
 藤沢優月/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2003年

『ミリオネーゼの手帳術』
 佐々木かをり/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2003年

『夢に日付を!』
 渡邉美樹/あさ出版/2005年

『一冊の手帳で夢は必ずかなう』
 熊谷正寿/かんき出版/2004年

----------

(牧野 智和=文)