キャリー・アンダーウッド

写真拡大

米NBCが3時間の生番組として放送する『サウンド・オブ・ミュージック』で『アメリカン・アイドル』シーズン4の優勝者キャリー・アンダーウッドが主人公マリアを演じることは当サイトでもお伝えしたとおり。長年にわたり世界中で愛される名作(しかも生放送!)に出演するとなれば、相当のプレッシャーを感じているだろうと思いきや、本人は今回の挑戦を楽しんでいるようだ。

米Peopleに対してキャリーは「すごくスケールの大きなことに挑戦できて、感謝しているわ」とコメント。周囲の心配をよそに、本人は今回の抜擢を心から喜んでいるようだ。とはいえ、『サウンド・オブ・ミュージック』といえば、やはり1965年に公開されたジュリー・アンドリュース主演の映画版が有名。そのため、今回の生放送版へのキャリーの出演を心配するファンも少なくないようだ。そんなファンに対してキャリーは「実際に番組を見ればリメイクではないと気づいてもらえると思う。映画と比較されることはないわ」と説明している。

はたして、この大舞台でキャリーはどんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。新たな挑戦に前向きに取り組む彼女なら、ファンだけでなく多くの視聴者を魅了してくれそうだ!(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『アメアイ』キャリー・アンダーウッドが『サウンド・オブ・ミュージック』主演に抜擢!
米NBCが『サウンド・オブ・ミュージック』の生放送版を製作
新感覚ダーク・サスペンスドラマ『GRIMM/グリム』5月、米国でコミック発売決定!