埼玉県の魅力を発信するカフェ「カフェタマ」、さいたま新都心にオープン!

写真拡大

JR東日本グループのジェイアール東日本フードビジネスは13日、JRさいたま新都心駅改札脇に埼玉県魅力発信カフェ業態「カフェタマ」を新規開業する。

同店は、同社が埼玉県産業労働部観光課及び埼玉県物産観光協会、東日本旅客鉄道大宮支社と協力し、食を通じて埼玉の地域生産品や地域の魅力などを発信するカフェ。

「狭山抹茶わらびもち」(400円)、「彩の国黒豚入りコロッケ」(150円)、「コエドビール」(500円〜)など、地場の食材や加工品を活用したカフェメニューを提供するとともに、テイクアウトコーナーでは、埼玉スーパーアリーナの利用を想定したワンハンドフードも用意するという。

開業日は、4月13日。

住所は、埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-57-3 さいたま新都心駅改札外。

営業時間は、平日7時〜22時。

土日祝は21時まで。

テイクアウトコーナーは11時〜20時となる。

年中無休。