【懐かしいゲーム特集】「アウトラン」

写真拡大

●ギアガチャ!

(画像:amazon.co.jpより)
©SEGA

「アウトラン」は1986年に株式会社セガからアーケード版としてリリースされたカーレースゲームです。

本作はヨーロッパ各所を舞台にフェラーリ・テスタロッサを模したオープンカーを運転し、制限時間内に次のチェックポイントに到着を目指すものです。

※全部で5ステージ。分岐によって16通りのルートが選べます。

本作を語るのに欠かせない話題が「ギアガチャ」という裏技。高度な操作テクニックを要するものの、使用することで最高速度が294Km/h(表示上の上限。実際はそれ以上)になるというもの。但し、この裏技を使用するとアウトラン筐体のギア部分の摩耗や破損が発生しやすくなり、ゲームセンターによっては「ギアガチャ禁止」とされていたところも出たようです。

最近では体感レースゲームも少なくなっていますが、当時はアウトランの全国ハイスコア集計で盛り上がったものです。現在のインターネットでの通信対戦には無い、言わば全国の見えないライバルとの戦いを…。


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第46回「スペースハリアー」(体感ゲームの歴史その4)
▼外部リンク

SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.13 アウトラン