iPhoneのホームボタン反応が遅い、動作しない場合の対処法

写真拡大

iPhoneのホームボタンは頻繁に使うため、動作が鈍いとそれだけでお手上げに。

反応が遅い、動作しないなどのトラブルになった場合は、以下の手順で復旧するかどうか一度試してみてください。

■アプリ利用中にホームボタンの反応が悪くなる、動かなくなる場合アプリ終了時にホームボタンが反応しない、又は特定のアプリでホームボタンが作動しないという場合は、違うアプリを利用しても同じ症状が起こるかどうかを確認してみましょう。

違うアプリでホームボタンを使ってみて問題がなければ、ホームボタンの反応が悪いアプリをインストールし直すことで改善することがあります。

アプリを削除するには、波打つまでホーム画面のアプリアイコンを押し続けます。

削除したいアプリの隅に表示される「×」を押すと、削除することができます。

削除したら、もう一度使いたいアプリをインストールし直しましょう。

■アプリをインストールし直しても、直らない場合アプリを利用中にホームボタンの反応が悪くなる、動作しないなどの症状が引き続き起こる場合は、iPhoneを再起動してみましょう。

■いらないアプリを削除してみるアプリ同士の相性の悪さやメモリ不足などの理由で、ホームボタンの効きが悪くなることがあります。

利用していないアプリ、削除してもいいアプリがある場合は整理してみましょう。

■どの操作でもホームボタンの効きが悪い場合ホームボタンが正常に動いているか確認するには、スリープモードから解除されるかを試すことで確認できます。

スリープボタンを押して数秒待ち、ホームボタンを押してスリープモードが解除してみましょう。

解除されない場合は、iPhoneを修理に出す必要があります。

■一時的な対処方法ホームボタンが使えないとき、一時的な対処方法として使えるのがAssistiveTouch機能です。

iOS5.0からの新機能のため、それ以前のバージョンでは使えませんが、使える方は一時的な対処方法として、ホームボタンの代わりに利用してみましょう。

設定方法は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」でオンにします。

ホーム画面上に出た、白い丸のマークのアイコンをタップすると、画面上にホームボタンが表示され、ホームボタンと同様の操作が利用できるようになります。