LA発「プラネット・ブルー」日本1号店公開、六本木けやき坂通りにオープン

写真拡大

 ロサンゼルス発のセレクトショップ「Planet blue(プラネット ブルー)」の日本1号店が、六本木ヒルズ・六本木けやき坂通りに出店する。「Happy Sunny Life」をコンセプトに西海岸の要素や本店の雰囲気を取り入れたショップでは、ウッド調の1階でウェアや服飾雑貨、白を基調とした2階でライフスタイル商品を展開。デザイナー兼バイヤーであるリン・スー・チンが来日し、4月11日のオープンを前に店内を公開した。

プラネット・ブルー日本1号店公開の画像を拡大

 「Planet blue」は「マリブ・スタイルの火付け役」といわれ、シャローン・ストーンやニコール・リッチーなどLAセレブも通うセレクトショップ。日本出店に向け、サンエー・インターナショナル8割と本国運営元のLing-Su Chinn Inc.社(LSC社)2割の出資により、合弁会社プラネット・ブルー ジャパンを昨年7月に設立。大人の女性に向けてリッチ感のあるカジュアルライフスタイル提案型のストアを運営し、新しい市場の開拓を図る。

 2フロアの店内は、リン・スー・チンが「カリフォルニアの雰囲気や色を日本にもってきたかった」というように、白い砂浜や青い空などをイメージ。オープン当初のマリブ本店の世界観を表現するため、タツノオトシゴのガラステーブルや本国から持ってきたというエントランスの幕をショップの装飾に使用した。セレクト商品の他にも、本国で人気の「Blue Life(ブルー ライフ)」からレインボーがキーワードの国内限定ライン「Planet blue world」まで揃える。価格は、服飾雑貨が4,000円〜50,000円、ライフスタイル商品が500円〜30,000円、ウェアは16,000円台が中心。

 リン・スー・チンは日本の出店について「以前から、店舗でもオンラインでも日本人のお客さんが多く、(FREE'S SHOPや伊勢丹新宿店に)期間限定ショップを設けて反応をみてきた。売り切れした商品もあり、とても評判が良いと聞いている」と、日本での手応えを感じ出店に至ったという。また「これから大きく展開していきたい。本国のようにビーチ沿いのお店も出していけたら」と抱負を語った。

 6月21日には、同日にグランドオープンを迎える横浜みなとみらいの新商業施設「MARK IS みなとみらい(マークイズみなとみらい)」の1階に出店予定。今年度中には都内エリアに路面店をオープンさせる計画で、ジュースバーの設置が検討されており、ヘルシーでカラフルな店舗にするという。なおECショップを六本木の店舗と同日の11日にオープン予定。

■Planet blue world(プラネット ブルー ワールド)
 営業時間:11:00〜21:00
 TEL:03-5772-2137
 面積:42坪
 http://shopplanetblue.com/