4月6日(土)〜9日(火)の4日間、「香港インターナショナル・ライティング・フェア2013春(Hong Kong International Lighting Fair(Spring Edition)2013」が、香港島・湾仔の香港会議展覧中心で開催された(主催:香港貿易発展局)。
同展は、春と秋の2回開催されており、前回の秋季展については既報の通り。今回の春季展は、クリスマスシーズンを中心に、年末に向けたビジネスに焦点を絞ったもので、徐々に認知度がアップしており、秋よりもややコンパクトな規模ながら、今回は世界12カ国/地域から1019社(前年比7%増)が出展した。国・地域別では地元・香港の企業が201社。香港以外では、中国本土が715社、次いで台湾の19社、マカオの1社を加えると、中国系の出展者が9割以上を占めた。欧米企業は、米国が4社、フィンランド、ギリシャ、フランス、英国から各1社が出展。他のアジア諸国では、韓国3社のほか、インド、タイからは各1社が初出展した。ちなみに日本からの出展社はない。
見どころとしては、大手企業等が集まったオーロラホールや、環境に優しいLED照明、屋外照明など多彩な中に、シャンデリア、ディスプレイに特化したコーナーが新設された。

また、初日夕方から開催されたレセプションの席上、「Lighting Design Competition」の受賞者が下記の通り発表された。

《学生組 Student Group》
Champion of Student Group:Nip Fu Yuk(Hong Kong Design Institute)「Luo(絡)」
1st Runner Up of Student Group:Lao Tsz Wang(Hong Kong Polytechnic University)
「Old Folk」(Eco Design Award「緑色設計大奨」も受賞)
2nd Runner Up of Student Group:Hung Ying Nga(Hong Kong Design Institute)「Light Up The Garden(点緑)」
《公開組 Open Group》
Champion of Open Group:Wong Man Hon「Ordinary」
1st Runner Up of Open Group:Katrina(Boris Design Studio Limited)「Rosary Lamp」
2nd Runner Up of Open Group:Ng Chun Kit(PSL Limited)「Vitality Lamp(生命之光)」

なお、次回「Hong Kong International Lighting Fair(Autumn Edition)2013」は、来たる10月27ー30日、同じ香港会議展覧中心にて開催される予定。出展者数は、37カ国/地域、2300社を見込んでいる。