どこでタバコを吸う? 愛煙家に聞いた“自宅での喫煙場所”とは

写真拡大

ひと頃は、ベランダでタバコを吸う「ホタル族」が流行りましたが、最近のマンションはベランダで近隣に匂いが流れる行為(喫煙やバーベキューなど)はNGとなっていることがほとんど。

もしかして、ホタル族はもう絶滅してしまったのではないか? では、愛煙家はどこでタバコを吸っているのか? マイナビニュースの男女500人に調査してきました。

アンケート結果より、喫煙者は500人中63人しかいませんでしたが、この63人がどこでタバコを吸っているのかについて、以下にご紹介しましょう。

■喫煙者の喫煙場所ベスト3・第3位 自分の部屋(30.2%)・他の部屋は禁止されているので(男性/49歳/その他)家族がいると、どうしても禁止されがちですよね。

・自分が一番リラックスできる場所なので。

せっかくのタバコをわざわざ窮屈な思いをしながら吸っても意味がないと思う(男性/35歳/事務系専門職)たしかにそうですよね。

窮屈な思いをしつつ吸うタバコはおいしくないものです。

・第2位 ベランダ・バルコニー(27%)・自宅は賃貸だから出るときに汚れでお金を取られてしまうので外で吸うようにしている(男性/29歳/技術職)世知辛い世の中ですよね。

・家の中では吸わせてもらえないので。

(男性/40歳/技術職)元祖ホタル族というところでしょうか。

・第1位 キッチン(換気扇の下など)(25.4%)・煙の探知機があるので、キッチンの換気扇の下でしか吸えない。

(女性/31歳/その他)最近の煙探知機は、そんなに高性能なんですね。

・換気扇の下が一番においが残らない気がする(女性/30歳/秘書・アシスタント職)同様な理由で、空気清浄機の前でしか吸わないという方もいました。

いかがでしたか? ホタル族、少しいましたね。

ホタル族は死語になりつつあるのかもしれませんが、現段階においてはまだ死語とは認定できないようです。

タバコは健康を害する恐れがあると言われつつも、愛好家の多い嗜好品でもあるので、分煙がいいのではないかと思いますが、現在の日本では禁煙に世論が傾いています。

ということは、昆虫のホタルが絶滅しかかっているように、いずれホタル族も絶滅してしまう可能性があるということです。

夜間、暗がりにホタル族を見かけたら、心の中で「がんばれよ」と声を掛けてあげてもいいかもしれません。

もっとも度重なるタバコの値上げで、今後、自滅するホタル族も増えるかもしれませんが。

ひとみしょう(エスタイル+深沢アトリエ)【アンケート対象】調査時期:2013年3月15日〜3月16日調査対象:マイナビニュース会員調査数:500名(男性248名 女性252名)調査方法:インターネットログイン式アンケート