「白髪」と「髪や地肌のダメージ」、ふたつの悩みを同時に解決するには?

写真拡大

ドライヤーで髪を乾かしていたら、頭に白く光るものがチラホラ。

ついに白髪が目立つ年ごろになってしまった! 白髪の主な原因は、メラニン色素がなくなることらしいが、加齢や遺伝、生活習慣やストレスなども影響し、一般的に35歳くらいから増えると言われている。

どう対処しているのか、白髪の実態についてマイナビニュース会員1,000名に聞いてみた。

アンケートに答えてくれた人のうち、白髪が生えていると回答した人は42.2%。

なかでも、「白髪が気になる」人は60.9%だった。

白髪が気になっている人に、具体的な対処法を聞いたところ、約4人に1人が「白髪を切る・抜く」と回答している。

しかし、白髪を抜くと毛根にダメージを与える場合があり、白髪が生えた根っこからはまた白髪生えてくる可能性が高いと言う。

その他の方法として、以下のようなコメントが寄せられた。

・よほど気になる白髪以外は抜かない(31歳女性)・トリートメントの白髪染めを使っている(49歳女性)・白髪染めを混ぜてカラーリングしてくれる店を選ぶ(25歳女性)・少し気になる場合にはマスカラタイプの白髪染めを使い、外出時に持ち歩いている(32歳女性)・ふだんの生活に差し支えない程度に髪を明るく染め、定期的に頭皮マッサージをしている(26歳女性)そのまま放置、髪を染めるなど対処法は様々だが、髪や地肌へのダメージを気にしている人も少なくなさそうだ。

今日では、髪や地肌をいたわる成分として「海泥」を用いた、ヘアシャンプーや白髪染めなどのヘアケア商品が展開されている。

「海泥」は沖縄など一部の地域で取れる海の泥のことで、髪や地肌にとって大切なミネラル成分がバランスよく含まれている。

特に沖縄の「海泥」は、他の地域で取れる海泥と比べて粒子が細かいため、配合している成分の吸着作用が高いと言う。

マイナビニュース会員へのアンケートで、「海泥」を含んでいるヘアケア商品を使ったことがあると回答した人はまだ多くはないようだが、「頭皮がすっきりした気がする(31歳女性)」、「使用感がとてもよく、周囲からも評判が良かった(24歳女性)」、「細かい粒子が気持ちいい感じがした(29歳女性)」などのコメントが寄せられた。

最近では、「海泥」を用いたヘアケア商品として白髪染めブランドのシエロから、髪や地肌をいたわりながら白髪を染められる「シエロ カラートリートメント」が発売となった。

同商品には、沖縄産海泥と保湿力のある高密着ヒアルロン酸を合わせた「海泥ミネラルEX」を配合。

染めるたびに傷んだ髪を補修する。

また、パラベンやエタノール、アンモニアなどの添加物を含んでいないことも特徴だ。

ツヤやかな髪の毛は、それだけで若々しく感じるもの。

アンケートでは「髪の分け目を変えて目立たないようにしている(34歳女性)」「髪型で何とか隠れないか模索している(28歳女性)」などという人もいたが、白髪をごまかす手間が省ければ、ストレスも軽減できそうだ。

「髪や地肌のダメージ」への対策も併せて取り組みたい人は、「シエロ カラートリートメント」を試してみてはいかがだろうか?