最近、「佐川男子(佐川急便の宅配員)」の写真集(ファンブック)が大ヒットし、「佐川萌え」なる言葉が生まれるなど、宅配員たちが世の女性から注目されている。

「佐川男子」のブームの理由は、もちろんそのイケメン揃いにあるのだが、それは決して「佐川急便だけが美男子を集めた」ということではないようだ。

「自分は(写真集になった)佐川男子ほどイケメンではないけれど、周りを見ると若くてカッコイイやつが多いなと思う」(宅配便配達員・Aさん)

「顔重視というのは佐川だけかと思っていたけど、そんなことはない」(宅配便配達員・Bさん)

 普段、配達員の顔をじっくり見る機会はなかなかないかもしれないが、よく見てみると確かに好青年が多い。やはり容姿が採用基準なのだろうか。

「容姿で判断することはありませんが、清潔感や身だしなみが整っているかということは重要視しています」(佐川急便・広報課)

 採用後も、清潔感を保つことは徹底される。

「毎朝6時くらいに出社しますが、寝癖は絶対にダメ。ヒゲも必ず剃っていきます。歯磨きも時間をかけて丁寧にして、口臭にも気をつけています。髪型も、長さや色には細かい規定があるんです」(宅配便配達員・Cさん)

 こう話す通り、服務規程は徹底されている。

「髪の毛の長さは帽子に収まるようにするという決まりがあります。染髪は禁止していませんが、お客様が不快にならない程度としています」(ヤマト運輸・広報課)

 佐川男子はさらに厳しい。

「髪の毛は短髪で、髪を染めるのは禁止です。また、制服の着方にも、『第2ボタンを留める』『上着はズボンに仕舞う』『アクセサリーは禁止』『ポロシャツの襟は立てない』などの規定があります」(佐川急便・広報課)

※週刊ポスト2013年4月19日号