妻は何点? - 満点をつけるも……夫「満点つけないと喧嘩になるw」

写真拡大

もしも自分の奥さんに点数をつけるとしたら……。

妻、母、1人の女性として、いろいろな役割を果たしているパートナーに対して、男性たちはどんな評価を下しているのだろうか。

マイナビニュース既婚男性会員193名に、自分の奥さんについて採点してもらった。

Q.妻に点数をつけるとしたら何点ですか?1位 80点〜89点 27.0%2位 90点〜99点 25.0%3位 100点 20.0%4位 70点〜79点 8.5%5位 60点〜69点 8.0%■80点〜89点・「満点をあげたいところだが、性格がキツいのが玉にきずだから」(47歳男性/機械・精密機器/技術職)・「やる時はやるし周りからの信望も厚いが、もう少し家庭的であれば……」(25歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「朝に弱い点のみ、直してほしいと思っているから」(32歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)・「小遣いが少ない」(23歳男性/医療・福祉/専門職)■90点〜99点・「特に不満があるわけでもないし、妻としても母親としてもがんばっていると思うから」(30歳男性/医療・福祉/専門職)・「買い物でもスーパーの割引品などを使って家計をうまくやりくりしてくれるから」(45歳男性/運輸・倉庫/事務系専門職)・「さすがに100点満点とはいきませんが、自分の良き理解者です」(40歳男性/医薬品・化粧品/技術職)■100点・「自分にできない細かい気配りができるから」(30歳男性/商社・卸/営業職)・「私がやる事をとにかく応援してくれる妻なので」(31歳男性/金融・証券/営業職)・「満点つけないと喧嘩になるwww」(27歳男性/運輸・倉庫/技術職)・「自分のような人間と結婚してくれただけで十分だと思う」(39歳男性/団体・公益法人・官公庁/営業職)■70点〜79点・「もう少し家を綺麗にしてほしい」(54歳男性/自動車関連/技術職)・「ムラがあるので」(28歳男性/情報・IT/技術職)・「物忘れしやすい所以外は問題ないから」(37歳男性/人材派遣・人材紹介/営業職)■60点〜69点・「だらしがない所が多々あるから」(36歳男性/通信/技術職)・「子供中心だから」(50歳男性/機械・精密機器/技術職)・「ルーチンは良いが気が利かない、考え方が後ろ向き」(64歳男性/電力・ガス・石油/営業職)・「特に色気がない」(35歳男性/団体・公益法人・官公庁/営業職)■平均点以下をつけた理由は……・「50点〜59点: すぐ怒るので−50点」(34歳男性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)・「40点〜49点: 部屋は汚くなる一方で片付けない、料理を作らないなど」(27歳男性/電機/技術職)・「1点〜9点: 美人だけど腹黒いから」(45歳男性/生保・損保/専門職)■総評自分の妻に対して80点以上の高得点をつけた人が5割を超え、100点満点だけでも2割、0点をつけた人もたった1人だけというすばらしい結果となった。

同様の女性編アンケートと比較しても、男性の方がより高い点数をつけていた。

優秀で働き者の奥様が多いのか、「よくやってくれている」という満足の回答も目立った。

男性たちは妻の日々のがんばりに合格点を与え、感謝していることがうかがえる。

少ないながらも妻に不満がある人は、その減点の理由として、「口うるさい」「性格がキツい」「すぐ怒る」「怖い」など性格や態度を指摘する意見と、「片付けられない」「家が汚い」という苦言が多かった。

炊事・洗濯よりも、片付けや掃除をさぼっているほうが男性の目につきやすいらしい。

いつもニコニコしてダンナ様にはやさしく、家の中は美しく、を心がけるのが100点満点への近道かもしれない。

50代の男性からは「有能で私には過ぎた嫁」「もし生まれ変わったときには、また今の妻と結婚したい」なんて回答もあった。

こんなふうに思えるなんて、どちらにとっても幸せな夫婦だ。

日々の過ごし方で数十年後の評価が大きく変わる夫婦の点数、コツコツ小さな1点を積み重ねていきたいものだ。

(文・アリウープ 中嶋絵里) 調査時期: 2012年11月22日〜2012年11月28日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性193名調査方法: インターネットログイン式アンケート