虹のように七色に光る

写真拡大

タケシタ(兵庫・西市)は2013年4月1日、浴槽の裏側にLED照明を設置し、浴室照明と連動して発光するバスタブ「HOTARU」を発売した。インターネットショップ「バスタブ市場」および全国の工務店、住宅設備会社等にて販売している。

究極のリラクゼーション

スイッチを押すと浴室の照明が静かに消え、代わってバスタブが間接照明のように点灯する仕組みだ。グラデーションを描きながら赤、緑、青、紫などの7色に光る様子はさながら虹のよう。バスタブ自体のまるっとした形状ともあいまって、夏の夜の蛍を思わせる。

浴室でのライトセラピーによって癒し効果も高いという。

価格は85万円から。