別れる原因、この5つが多い!--復縁を願う場合も、まずは別れた原因追求から

写真拡大

男女が別れ。

それには必ず原因があるはず。

復縁を願う場合、まずはそれを明らかにすることが大事です。

時に、考えたくもないようなつらいことを思い出してしまうかもしれません。

でも目を背けてはダメ。

客観的になり冷静な目で、勇気を出して向き合うことが復縁への近道となります。

今回は、私、Hirokoが相談を受けた中で、別れた原因として挙げられる理由を多いものから5つご紹介します。

彼女と別れる原因でもっとも多いのがこれ。

付き合い始めの頃は、毎日数十回のメールや電話は当たり前。

しかし、3カ月から6カ月もたつと気持ちも安定して連絡の回数も減少するのは当然のこと……と考えるのは男性だけのようです。

こういった連絡を怠るようになると、「女の人ができたのではないか? 」と詮索され、携帯電話にチェックが入ったり、カマをかけられたりすることで、彼女と別れたいと思ってしまうことが多いようです。

付き合い始めた頃の新鮮さも薄れ、彼女の存在も色あせたように感じ始めた頃、自分にとっての超ド・ストライクゾーンの女性が現れてしまった。

二股かける器用さは自分にはなく、ポリシー的にもできずに、こんな状態で今の彼女と付き合い続けるのも失礼と、身勝手な男の理論を告白し別れを告げてしまった。

こういった例も多いですね。

仕事中であろうが夜中であろうが彼女から連絡がひっきりなし。

内容は「何だかもう死にたくなった」「あたしみたいな女は○○くんを不幸にするね」などネガティブワードのオンパレード。

最初の頃は「あいつは俺がいないとダメだから」と思いやるも、次第に重い漬け物石を背負ったような感覚に襲われ精神的に参ってしまう。

このケース、いったん別れたはいいものの、不安定な元カノが心配になって戻ってしまうケースも少なくないのでお気を付けください。

仕事もできて頭の回転も良くて精神的にもいつも安定。

自分が特に手助けをする必要もない完璧な彼女。

彼はそんな彼女に、月日がたつごとに「つまらない」と感じたり、「俺はこの人にとって必要な人間なのだろうか」と思い始めます。

そしてやがて、「俺がいなくてもしっかり生きていける」「もっと自分を必要としているダメなかわいい女性を……」という心理になり、別れてしまうことも少なくないようです。

円満交際が続いている中で、何かの拍子に明るみに出た彼女のうそ。

「OLだと言っていたのに、実は風俗嬢だった」「ばく大な額の借金女王だった」など、あまりのショックで彼女と今まで通りの付き合いができなくなったケースも、別れる原因の1つ。

泣いて謝る彼女をかわいそうだとは思っても、「自分的にどうしても許せないボーダーラインを彼女が越えてしまった」と強く感じた瞬間に、「これ以上付き合うのは難しい」という心理となるようです。

彼女とのラブラブな時間を取り戻したいのなら、客観的に2人の関係を見直してみること。

そして少なからず自分に非があることを認めること。

そういった謙虚な気持ちを持つことが、復縁へとつながっていくのです。

Hiroko(ヒロコ)チャネラー。

願望成就師。

恋愛カウンセラーとして、電話相談・占い(Hiroko's fortunetelling)を行う。

これまでの相談件数は、優に1万件を超える。

独自の復縁法が詰まった著書「復縁の女神が教える もう一度あの彼を手に入れる方法」(WAVE出版)をこの秋発売。

元カレ、元カノとやり直せると評判になっている。