新たに衣類を脱臭機能もついた「F‐DLR300X」

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、リビング扇風機の新製品9機種を、4月12日から順次発売する。

風量を自動調節する「デュアルセンサー」搭載

やわらかな風の7枚羽根を採用した「SIENT(サイエント)」シリーズの新製品、「F‐DLR300X」と「F‐DLR200X」、「F‐DLR100」の3機種は、4月25日に発売。「F‐DLR300X」と「F‐DLR200X」は、室内の温度と湿度を2つのセンサーで検知して風量を自動調節する「デュアルセンサー」機能に加えて、衣類を脱臭する独自の微粒子イオン「ピコイオン」を新たに搭載した。

省電力の「DCインバーターモーター」で、「F‐DLR200X」「F‐DLR100」は、最小消費電力1.5ワット(風量レベル1、首振りなし、消灯モード時)を実現。本体質量は、従来の機種に比べて0.5〜0.9キログラム軽くなった。

また、「F‐DLR300X」は、充電用バッテリー内蔵のため、約6時間のフル充電で最大約17時間使用でき、「ピークシフト運転」もできる。

きめ細かに回転数の制御

一方、「DCインバーターモーター」を搭載したDCリビング扇風機「F‐DLR50」と「F‐DLR10」、ACモーターのACリビング扇風機「F‐LR8」「F‐LR7」、「F‐LR6」、「F‐LR5」の4機種は、4月12日に発売する。

DCリビング扇風機「F‐DLR50」と「F‐DLR10」は、「DCインバーターモーター」によって、最小消費電力2ワット(風量レベル1、首振りなし)を実現。「DCインバーターモーター」のきめ細かな回転数の制御によって、連続風で5段階、リズム風で3段階の幅広い風を送り出す。「F‐DLR50」には、やわらかな風の7枚羽根を採用した。

リビング扇風機には、すべて「切/入ツインタイマー」、サーキュレーターとしても使いやすい「上向き角度35度」、カード型リモコン、小さな子どもやペットが誤って操作ボタンを押しても反応しない「チャイルドロック」機能を搭載した。

「チャイルドロック」は、運転時、停止時どちらでも設定可能で、リモコンによる操作もロックできる。

このほか、カード型リモコンを付属した壁掛け扇風機の新製品「F‐WR8」と、「ピコイオン」発生ユニットを搭載したタワー型扇風機の新製品「F‐TR5X」を4月12日に発売する。いずれも、オープン価格。