<男子世界ランキング>
 米国男子ツアー「バレロ・テキサス・オープン」終了時点での男子世界ランキングが発表され、同大会で今季初優勝を挙げたマーティン・レアード(スコットランド)が前週の117位から56位に順位を大きく上げた。
 同大会で単独2位に入ったローリー・マキロイ(北アイルランド)は順位に変動はなく2位のまま。首位はタイガー・ウッズ(米国)、3位はジャスティン・ローズ(イングランド)と上位に大きな変動はなかった。
 日本勢では藤田寛之が1つ順位を下げ54位、石川遼も1ランクダウンの115位となっている。

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ(11.62pt)
2位:ローリー・マキロイ(10.99pt)
3位:ジャスティン・ローズ(6.91pt)
4位:ルーク・ドナルド(6.53pt)
5位:ブラント・スネデカー(6.20pt)
6位:ルイ・ウーストハウゼン(5.97pt)
7位:アダム・スコット(5.59pt)
8位:スティーブ・ストリッカー(5.58pt)
9位:フィル・ミケルソン(5.27pt)
10位:マット・クーチャー(5.27pt)

【主な日本人選手】
54位:藤田寛之(2.21pt)
115位:石川遼(1.42pt)
117位:谷口徹(1.41pt)
138位:池田勇太(1.21pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】マスターズ前週にオーガスタに馳せる想い
石川遼、5度目のマスターズへ「経験値で言えば十分」
【関連リンク】
「マスターズ」の歴代チャンピオンなど
ゴルフバーの美人キャディが登場「今日の美ゴ女」