グリコの歴史に残る新たなキャッチフレーズを募集

写真拡大

「1粒300メートル(グリコキャラメル)」「1粒で2度おいしい(アーモンドグリコ)」「おいしくてつよくなる(ビスコ)」――。

誰もが知っている、こうしたユニークなキャッチフレーズの数々を世に送り出してきた江崎グリコ(大阪市)が、グリコの歴史に残る新たなキャッチフレーズを募集している。大賞に選ばれた作品は、甲子園球場のバックネット下の看板に掲出される。

対象商品は「ポッキー」「パピコ」「プリッツ」

募集開始は甲子園球場の2013年プロ野球公式戦開幕日に当たる4月9日から。

キャッチフレーズ大賞は計3回行われ、第1回は「ポッキー」のキャッチフレーズを募集する。応募期間は4月9日〜30日で、大賞作品は5月28日〜6月9日まで甲子園のバックネット看板のキャッチコピーとして採用される。

第2回の対象商品は「パピコ」。5月1日〜30日までの応募で、大賞作品は7月2日〜14日まで甲子園看板に掲出される。

第3回では「プリッツ」のキャッチフレーズを募集する。応募は5月31日〜7月10日まで。大賞作品の掲出期間は8月30日〜9月8日。

江崎グリコのホームページ上の特設ページからのWEB応募のみで、プロ・アマ問わず誰でも応募できる。キャッチフレーズは最大12文字までで、ブランド名は入れなくても可。

入賞賞品として、大賞(各回1人)には看板掲出と賞金10万円、優秀賞(各回3人)にはセレクション・ザ・グリコ(大)、参加賞(各回10人)にはお菓子の詰め合わせが贈られる。