【女性編】挑戦できそうなギネスブック記録ランキング


だれでも挑戦できて、申請も無料





ギネス記録の基準は、検証でき、定量化でき、測定し得る、他人が破ることができるもの、そしてたたえたくなる記録であることだとか。無料で登録申請もできるそうなので、タイトルホルダーをめざしてみませんか? マイナビニュース会員の女性456名に挑戦できそうなギネス記録をお訊きしました。





Q.挑戦できそうなギネスブック記録を教えてください(複数回答)

1位 Tシャツ重ね着 23.9%

2位 片足に履く靴下の最多記録 18.4%

3位 長時間キスの記録 12.7%

4位 バナナ何本食べられるか 7.0%

4位 最も多くの犬が一斉に"待て"をした記録 7.0%

5位 世界でもっとも低い場所からのスカイジャンプ 5.9%







■Tシャツ重ね着

・「食べるだと胃袋に限界があるし、技術が必要な物だと訓練が必要だけど、Tシャツなら技術とか要らなさそう」(27歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「小柄なので、小さいサイズから大きいサイズまでマルチに重ね着できると思うから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「普段から重ね着をよくしているからです」(24歳/小売店/技術職)





■片足に履く靴下の最多記録

・「チャレンジする気が起きたものだったから」(25歳/その他)

・「3枚重ねて履く靴下をもらったが、意外と厚ぼったい感じがない。そのため、素材を選ぶなどして工夫して履けばギネス記録も夢じゃないかもしれない」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「背の割に足が小さめなので、最終的に大きめのサイズの靴下を使えばいけるかも」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■長時間キスの記録

・「できそう。昔、3時間くらいしていたことがあるから」(23歳/その他)

・「長時間キスなら呼吸を工夫すればいいだけなので、なんとかなりそうな気がする」(22歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「彼と長くキスしていられるなら、挑戦してみたいと思ってしまいました(笑)」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)





■バナナ何本食べられるか

・「痛い、苦しいのは嫌だ。バナナは好きだからまだ耐えられるかな」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「時間制限がなければ頑張れそう」(28歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職

・「大食いだからどうにかできそう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■最も多くの犬が一斉に"待て"をした記録

・「犬が好きなので、根気よく挑戦できそう」(25歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「自分は頑張れないけど、犬は頑張ってくれそうだから」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「うちのワンちゃんは世界一お利口だとおもうから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)





■世界でもっとも低い場所からのスカイジャンプ

・「そんな記録があるとは……」(25歳/小売店/事務系専門職)

・「怖くなさそう」(30歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「やる意味があるのかどうかわからないが……」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)





■番外編:身体的な特徴をいかせば、記録を破れるかも?

・手のひらに載せられるゴルフボールの最多記録「野球部のマネージャーをしていたとき、手に野球ボールを何個持てるか競っていました。結構持てていたので、ギネスに載らないかなーと思っていました」(24歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・鼻で風船を膨らませる「鼻の穴が大きいからなんかやれそう」(24歳/その他)

・顔に洗濯バサミをたくさん付けた記録「顔が大きく皮もふにふにとつまめるのでできそうです」(25歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)





総評

栄えある1位に輝いたのは「Tシャツ重ね着」でした。そのカジュアルさから、誰でも挑戦できそうと考えている人が多いようです。世界記録は224枚。嵐の大野君がテレビ番組で挑戦して、10時間以上かけて169枚だったとか。約50枚の差ですから、小柄な女性なら達成できるかも。





2位は「片足に履く靴下の最多記録」。足のサイズが小さいからできるかも、とのコメントが目立ちました。ちなみに世界記録は152枚です。3位は「長時間キスの記録」。彼とならいつまでも、というラブリーなコメントも。世界記録は46時間24分9秒。およそ2日間、愛と勇気があればなんとかなりそう!?





続いて「バナナ何本食べられるか」と「最も多くの犬が一斉に"待て"をした記録」が同率で4位。前者は1分間での世界記録は6本でしたが、ルールは自分で決めていいので、24時間とかルールを決めて挑戦してもいいかもしれません。後者については、協力してくれるワンちゃんを探すことからはじめましょう。





5位は「世界でもっとも低い場所からのスカイジャンプ」でした。誤解された人も多いようですが、パラシュートが開かないとダメみたいですよ。と言っても、これはとある外国のテレビ番組のパロディー企画。ただのジャンプにすれば、できそうですね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期: 2013年2月15日〜2013年2月21日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性456名

調査方法:インターネットログイン式アンケート