日本初バー&レストラン併設ショップ「トミーバハマ」銀座店公開

写真拡大

 アメリカのアイランド・ライフスタイルブランド「Tommy Bahama(トミー バハマ)」が4月8日、アメリカ以外で初めてバーとレストランを併設した銀座店の内部を公開した。海岸沿いのビーチハウスをイメージしたという店内では、マーリンと呼ばれるカジキマグロのロゴが付いたポロシャツからマキシ丈のワンピース、サンダルまで幅広いファッションアイテムを展開。地産地消の食材を使用したフード&ドリンクメニューも提供し、ファッションと食の両方を楽しむことができるリラックスしたライフスタイルを提案する。オープンは4月13日。

トミーバハマ銀座店公開の画像を拡大

 店舗面積557平方メートル、2フロア構成の「Tommy Bahama 銀座店」は、1階にショップとバー、2階にはショップとレストランを併設。流木や河原の石などナチュラルな素材を内装に取り入れて、メンズとウィメンズのウェアをはじめ、シューズやアクセサリーなどオリジナルアイテムを中心に揃える。アパレルとスイムウェアについては、新たにシルエットやディテールを日本を含むアジア市場に合わせた「インターナショナルフィット」を設定し販売するという。中心価格はシャツが12,000円、ワンピースが15,000円など。銀座店以外で世界に14カ所のみというレストラン&バーでは、ランチやディナーメニュー以外に午後3時から5時までを「アフタヌーン・ティータイム」とし、高品質のオーガニック紅茶や新鮮なフルーツを使用したカクテル、ラム酒を使った豊富な種類のモヒートなどを提供する。

 1992年にスタートした「Tommy Bahama」はオックスフォード・インダストリーズ・インクの完全子会社Tommy Bahamaグループ社が所有しており、「Make Life One Long Weekend(=日々を長い週末のように)」をコンセプトに全世界で120店舗以上を展開している。アジア地域では昨春からマカオやシンガポール、香港などに進出しており、アジアにおけるマネージング・ディレクターBrian Pearce(ブライアン・ピアース)氏は今回の日本上陸について「4年くらい前から考えていた。クールビズという独特な文化がありユニークな地域だと思う」とコメント。今後、30代以上をメインターゲットに「アイランドのトロピカルな空気感を提案していきたい」と話しており、今年度の出店は3月30日に開いたららぽーと横浜店と今回の銀座店の計2店舗とする予定。来年には新たに2店舗を出店する計画だという。

■Tommy Bahama 銀座店
 所在地:東京都中央区銀座7-10-1
 連絡先:ショップ 03-5568-0666 / レストラン 03-5568-0555
 営業時間:月〜金 午前11時より午後11時まで
      (レストランのラストオーダーは午後10時)
      土、日、祝祭日 午前11時より午後10時まで
      (レストランのラストオーダーは午後9時)
      年末年始をのぞき年中無休