セゾン投信の運用資産総額が700億円突破--「日本版ISA」口座の提供も準備中

写真拡大

セゾン投信は5日、設定、運用、販売する2本の投資信託の運用資産総額が700億円を突破したと発表した。

同社は販売会社を通さない「直販」で業界に参入、「既存業界とは一線を画した顧客マーケットと資金を取り込むことで、2007年3月15日に設定した2本のファンドは安定的に資産を積み上げ、設定来73カ月資金流入を続けた結果、運用資産総額が700億円を突破した」(セゾン投信)。

2014年から少額投資の非課税制度である「日本版ISA」の導入が予定されており、現在、同社でもISA口座の提供を行うべく、準備を進めているという。