ホンダ、上海モーターショーで新型車のコンセプトモデルを世界初公開

写真拡大

本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、中国・上海で20日から開催予定の『2013年上海モーターショー』(第15回上海国際自動車工業展覧会 : 20日からプレスデー、一般公開は23日〜29日)において、今後中国に投入予定のホンダおよびアキュラの新型車コンセプトモデルを世界初公開すると発表した。

本田技研工業は、広汽本田汽車有限公司(広州ホンダ)と東風本田汽車有限公司(東風ホンダ)との合同ブースで、広州ホンダと東風ホンダの新型モデルを含むフルラインアップを出展。

中国市場に投入が予定されている新型車のコンセプトモデルのほか、昨年の北京モーターショーで発表したコンセプトモデル「Concept C」と「Concept S」のほぼ量産車に近いモデルを発表する。

また、アキュラブランドからは、世界初公開となるグローバルコンセプトモデルを発表。

また、アキュラの次世代フラッグシップモデルである新型「RLX」の中国仕様も展示される。