自衛隊萌えキャラ紹介―第2回 自衛隊徳島地方協力本部“萌えポスター”シリーズ

写真拡大

『さぁ、男性諸君!アニメキャラに萌えてる場合ではありませんゾ…………。男女ともに仕事や家族に萌えることができる就職先、それが自衛隊です。』

いきなりパンチの効いた勧誘文句を紹介してすみません。自衛隊にある“萌えキャラ”をテーマにお届けする本コーナー。

【関連:自衛隊萌えキャラ紹介―第1回 自衛隊山口地方協力本部 3姉妹“機”】
 
今回ご紹介するのは、隊員募集ポスターを毎年“萌え”イラストで制作していることで有名な「自衛隊徳島地方協力本部」の萌えポスター歴代をご紹介。

ちなみに冒頭キャッチは、平成23年度ポスター紹介文からの引用です。決して私がふざけて書いたものではないことご理解ください。
 
――平成22年度ポスター

平成22年度ポスター

このポスターが自衛隊徳島地方協力本部の名を一躍全国区まで押し上げた「萌えポスター」です。
アニメーション制作会社の「ufotable(ユーフォーテーブル)」が制作。発表当時「萌えるポスター」として新聞・インターネットニュースなどで大きく取り上げられました。

本家のHP曰く「夏制服を着用した航空自衛隊の女性自衛官をモチーフとしたもので中・高・大 学生が部屋に貼りたくなるようなデザインに仕上がりました。」と紹介されています。
確かにヲタク属性のある人ならば部屋にかざりたくなるかもしれないですね。どうもヲタク層をターゲットにした作品のようです。

――平成23年度ポスター

平成23年度ポスター

こちらの制作者は「北海道にて勤務する自衛隊員」という事で紹介されています。
現役自衛官が描いた「萌えポスター」らしいです。

冒頭に触れた「 さぁ、男性諸君!アニメキャラに萌えてる場合ではありませんゾ…………。男女ともに仕事や家族に萌えることができる就職先、それが自衛隊です。」はこのポスターに添えられていた紹介文です。

ここで自衛隊が求める人材がハッキリ見えてきました。確実にヲタク層が狙われています。

――平成24年度ポスター

平成24年度ポスター

このポスターは「自衛隊員がデザインしました」。とのみ紹介されており、詳細作者は不明。
ただこれまでのタッチとは異なり背景に実際の写真をうまくはめ込んだ物が使われるなど、作者はデジタルソフトに精通している事が伺えます。

なお、「萌えポスター」シリーズでは初のポスター・ストーリーが添えられていました。

【ポスター・ストーリー】
彼女が付き合っている彼氏は、陸上自衛官。彼は現在、災害派遣活動に従事している。そんなある日、テレビのニュース番組で被災者を救出する彼の姿を見つけた。写真や駐屯地祭などで、彼の制服姿を見たことはあるが、現場で勤務している彼を見るのは、これが初めてだった。いつもは普通の彼氏だが、制服を着ると3割増しでちょっとカッコいい。災害派遣現場でがんばっている彼を見つけ、とてもステキに感じた彼女。彼に今すぐ伝えたい気持ちがある。

確かに災害派遣活動に従事する自衛隊員の姿は感動的かつ素敵でした。
24年度ではヲタク層だけではなく、「自衛隊の仕事の意味」を訴求した良い作品だと思います。

――平成25年度ポスター

平成25年度ポスター

本年度の新作ポスターです。作者は「作者は静岡県の航空自衛隊に所属する自衛官」と紹介されていました。

今作は、今までの路線とは異なり、ちょっと「萌え」とは違うかもしれませんが、それにしても女性自衛官の現場での活動姿が生き生きと描かれていてこちらも秀逸ですね。

これまでのシリーズでは、夏服姿の女性隊員が多かったのに対して、ここにきて現場服が初登場です。

ちなみに紹介文には「チャレンジしてみるのは…………今でしょう!!」とあります。
流行に乗りまくりです。某有名予備校のCMから誕生した流行語もうまく取り入れています。

 
以上4作品紹介しましたが、冒頭の1作除き全て現役の自衛官の作品。
絵のタッチも様々で、自衛隊絵師の戦闘能力以外の高さも垣間見られる作品群になっています。
代表する3作品でさえこのレベル。恐らく自衛隊にはもっと多くの絵師が存在するのでしょう。
いつの日か「駐屯地同人祭」くらい開催してしまいそうな勢いを感じてしまいます……。

●自衛隊徳島地方協力本部
http://www.mod.go.jp/pco/tokushima/index.html