GWの旅行先、大河ドラマ「八重の桜」効果で福島県に人気集中-楽天トラベル

写真拡大

楽天トラベルは、ゴールデンウィーク期間(4月27日から5月6日)の、国内・海外旅行の予約状況についてまとめた。

それによると、福島県が前年比+86.0%と大河ドラマの波及効果が顕著にあらわれており、そのほか三重県や香川県にも人気が集まっている。

今年のゴールデンウィーク(GW)は、国内旅行が前年比+20.2%と好調。

1人当たりの旅行単価も増加傾向にあり、GW後半の平均単価は前年比約+5%と消費回復への兆しがうかがえる。

宿泊構成別に見ると、女性複数での旅行が前年比+26.2%、子供連れ旅行が同+15.7%。

また、宿泊日のピークは5月3日となっている。

NHK大河ドラマ「八重の桜」で注目を集める「福島県」は、前年比+86.0%と人気が集中。

さらに、2013年は伊勢神宮の式年遷宮の年に当たることから、若い女性を中心とした参拝需要が高まっており、「三重県」が同+31.1%となっている。

なお、今年で2回目となる「瀬戸内国際芸術祭 2013」を楽しむ旅行者も多く、「香川県(同+34.9%)」にも人気が集まっているとのこと。

海外旅行の人気は厳しい状況が続いているが、「シンガポール(前年比+43.8%)」「タイ(同+41.0%)」「台湾(同+25.1%)」など、近隣アジア都市への旅行が増加。

リゾートエリアでは、「ホノルル(オアフ島)(同+34.0%)」や「グアム(同+30.9%)」が好調で、長距離方面では「アメリカ合衆国(同+27.8%)」が人気となっている。